悪と仮面のルール(邦画)

こんにちは。

本日は以前観た映画の感想。
ネタバレあります。





   悪と仮面のルール (2018)

      監督:中村 哲平
      出演:玉木宏・新木優子・吉沢亮ほか。
      製作国:日本




    moblog_0ee0cce9.jpg




〇あらすじ

11歳の時に父・久喜捷三からこれからの教育方針を聞かされていた文宏は、もうすぐ14歳を迎える頃、父からの危害を予測して父を殺害する決心をする。

香織を守るために行ったことだったが、母親似だと思っていた文宏の顔が酷くやつれて人相が変わり、醜い父親に似てきて文宏は愕然とする。

捷三は消息不明とされたまま、香織は高校進学で、文宏は大学進学で2人とも久喜家の屋敷を出て、文宏は東北の大学に行く。

自殺も図るが、自分を消滅させることを考えるようになり、整形して別人となって香織を守る生活を始める。

その香織はクラブのホステスになっていた。

文宏は香織を守るために行動を起こす。






中村文則の小説が原作。
読んではいないけど、映画を観てみることに。

面白いような、面白くないような・・・
微妙な作品。
そして長い(笑)

設定が説明しづらいものなだけに、時間もそれなりに長くしなければ伝わらないと思ったのだろうけど。あまり成功したとは思えないかな。
原作を読めば、「邪」の説明とか一族のこととかもっと分かるのだろうけど。
映画では悲しいかな、まったく分からん!

あんまり「悪」のイメージはない。
ミステリーでもなければ、サスペンスにも見えない内容。
ひじょうにもったいない!
役者は割といいのにね。

最後の別れのシーンもなんかモヤモヤ。
姿を現してどうしたいの。
名乗らないのはいいとしても、香織の鈍さにイライラ。
そこは気付くべきなんじゃないの。
それでも知らない振りをして別れるとか。
もう少し手の込んだラストにしてほしかった。








スポンサーサイト



2021/02/25(木) | 邦画~街角の映画館🎬 | トラックバック(-) | コメント(0)

43回目の誕生日

こんにちは。

今日は私の43回目の誕生日です。
狙ったわけもないのに、仕事もたまたま休み。
というわけで、久々ゆっくりな休日の誕生日を過ごしています。
とはいえ、こんなご時世なので、特にどこへも出かけずおうちでまったり。

日頃の疲れもあるので調度いいです。
今年の冬はどうなるか、コロナの感染者は減るのか、不安でしたが、有り難いことに感染者も減少を辿っているようで微かな光が見え始めましたね。
もちろん、まだまだ油断はできませんが。
人間はすぐ油断をしがちなので気を引き締めることは大切ですよね。

私は医療従事者でもあるので、来月早々にはPCR検査もあり、予定では下旬頃にはワクチンも受けることになりそうです。
ただワクチンに関しては大変な病院からなので、少し遅れそうな予想。
もしかしたら4月になるかも。

いずれにしろ、早く終息して平和な毎日が送れることを祈りたいですね。
感謝の心を忘れずに。
いかに「普通」ということが素晴らしく、そして有り難いことなのかということを人類は忘れてはならないのだということ。
それを忘れる頃、もしかしたらまたこんな恐ろしいことがやってくるのかも知れません。
だからこそ、日々生きてることへの感謝、生かされていることへの感謝を忘れずに生きていきたいですね。

今年の誕生日は特に特別なものとなった気がします。
こうして生きることの意味や意義や感謝を身に詰まる思いで、本気で考えさせられたそんな誕生日となった気がします。
生涯、忘れてはいけない年の誕生日となりました。







2021/02/24(水) | 日記~考える葦✒ | トラックバック(-) | コメント(8)

私の世紀末カルテ(サザンの曲)

こんにちは。

今日は大好きなサザンのナンバーからとても悲しい歌を。





   私の世紀末カルテ (1998)

     作曲・作詞:桑田佳祐

家に帰るとテレビが無くては生きて行けません
嘘でもいいから刺激が無くては死んでしまいます
こんな時代に手紙を書くのが好きになりました
他人(ひと)に己れをさらけ出すのが怖くてなりません
闘う事や傷つく事は拒むけど
野暮な慰めにゃホロホロリ

胸いっぱい時代の風を吸い込む頃がある
こんなに汚れた都会の空気を有難がっていた
いくつになっても未熟な自分を愛しく思ってる
そんな大人が幼い我が子に道を説いている
誰かにもらった自由を疑う事はなく
知らず知らずうちホロホロリ

可愛い女にゃ優しく振る舞う自分に気付いてる
気前の良さと気さくなジョークでその場を和ませる
今夜ベットに連れ込む相手に狙いを定めても
下心を悟られないかと気にして飲んでいる
綺麗な女、愉快な男、人は皆
春と裏腹にホロホロリ

人間同士も深入りするとロクな事はない
下手に誤解や裏切りなんぞを被る筋はない
人の絆は付かず離れず希薄な方がいい
その他大勢の群れに紛れて幸福(しあわせ)掴みたい
歩みの遅い者を尻目に駆け抜けりゃ
友は泣き笑いホロホロリ

浮気をするならバレなきゃいいわと笑って妻は言う
このごろ帰りが遅くなったと気遣う振りをする
満員電車のビショ濡れ窓から我が家の屋根を見て
今夜のために昨夜(ゆうべ)と違った言い訳さがしてる
誰も知らない居場所が欲しいそれなのに
愛をブラ下げてホロホロリ

情に流せば弱気な態度と傍からなじられて
腹から怒鳴ると変わり者だと嗚呼避けられる
頭を下げればその場はなんとか凌げるが
見て見ぬ振りすりゃ自分が何だか惨めになってくる
他人の視線と自分の評価にうろたえりゃ
春は柳さえユラユラリ

母さんあなたが歌ってくれた小唄が懐かしい
この世に生まれこの世で見たのは時代(とき)の流れだけ
未来世紀も人間(ひと)の心はうつろい易いだろう
こんなアジアの片隅なんかにしがみつきながら
もう背伸びをしようなんて言わないが
せめて泣かせてよホロホロリ
夢を捨てられずホロホロリ



   


なぜか福山雅治バージョン。
本人のがあれば最高だったけど。





LOVE AFFAIR 〜秘密のデートのカップリング曲。
基本的には桑田さんのギターハーモニカだけで構成されている楽曲。

歌詞はサラリーマンからの視点で見た、暗く虚しい当時の世相を淡々と詠った内容であり、タイトルは2000年を迎える世紀末に、自分の心理や悩みをカルテにして歌詞を綴っていることから来ている。

2011年から2012年の桑田のソロライブ『ライブ in 神戸&横浜 2011 〜年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会〜』でギター1本で3番まで歌われている。その際は、歌詞の一部が時代に合わせてスマートフォンブログに変えられた他、2番の内容は桑田が病気から復帰したことへのファンや周囲からの励ましに対する感謝、3番は東日本大震災からの復興に向けた励ましになっていた。また、神戸公演では阪神・淡路大震災の被災者に寄り添う歌詞も披露している

桑田さんの時事歌の中で私の中では上位3位内の素晴らしい歌。
こんな歌詞を書きたい。
本気で震えたのを聴く度に思い出す。

切ない、悲しい、辛い。
そんな世辞辛い世の中を巧く表現していると思う。
そしてギター一本というのが、またなんとも心情を吐露してるかのようで、涙が出てくる。

「世紀末カルテ」
このタイトル名も素晴らしい。
悲観した捉え方、だけども自我を愛する気持ちから切り離せない自己愛や世の中の忖度やしがらみに対する切なさや
やりきれなさを総て表しているかのような曲名に唸ってしまう。
才能とはすごい。

この曲は是非是非、聴いて欲しい一曲。






2021/02/23(火) | サザン(桑田佳祐さん)~永遠のヒーロー💑💑💑 | トラックバック(-) | コメント(1)

浮かれ女(自作の詩)

こんにちは。

本日は昔書いた詩を。




   浮かれ女(め)


私はこの世を儚らむ
浮かれ女

女がひとり
このしがない世の中で
暮らしていくには
軽やかに唄でも
歌わなきゃやっていけないさ

私はこの世を怨む
浮かれ女

女がひとり
たった一度愛した男に
捨てられたとて
涙なんか流しちゃいけない
だってもっと
惨めになるだろ

恋に恋して
今日も一夜の夢物語

明日は
また誰かが
私に逢いにやってくる
私はいつだって
両手広げて待っていてあげる
傷ついてボロボロのあんたを
朝まで抱き締めていてあげる

だからこの浮かれ女の
胸でお眠りよ

今だけは震えずに
安らかにただお眠りよ
安心して私の鼓動を
子守唄代わりにお眠りよ

私はこの世を愛おしむ
浮かれ女

いつだって恋して
抱かれて
傷ついて

けれどいいの
それが浮かれ女の宿命(さだめ)

あんたは傷ついた羽が
治ったら
すぐに去って行ってしまう
鳥だけど

私はただ待っているだけの
浮かれ女だけど

また疲れたら「此処」に
おいでよ

この浮かれ女が
あんたをいつでも
包んであげるからさ

「此処」はあんたの
還る場所(ところ)さ





昔、遊女のことを「浮かれ女」と呼んだそうです。
それをテーマに、悲しい女の宿命に想いを馳せて書きました。





2021/02/22(月) | 自作の詩~無常空間🖋 | トラックバック(-) | コメント(0)

ことわざ ⑦

こんにちは。

今日は久し振りのことわざの更新です^^




〇危ない事は怪我のうち

(意味)
危険なことは怪我と同じようなものだから、危険なことには初めから近づくなということ。

類:転ばぬ先の杖。
  君子危うきに近寄らず。


これは類語の方がよく使用される気がします。
危険だと思うことは近寄るな。でもついつい怖いもの見たさってありますよね。
なにしろ、犯罪でないなら、まあ(;^_^A



〇虻蜂取らず

(意味)
虻と蜂を一緒にとろうとして、どちらも逃がしてしまうの意。
欲張り過ぎたために損をしてしまうこと。

類:二兎追うものは一兎も得ず。

反:一挙両得。
  一石二鳥。


よくある(笑)
失敗するんだよね~
やっぱり確実に、忠実に何事も行う方がミスも少なく、時間も意外にかからない。
それにしても虻と蜂をいっぺんに取ろうとするのは危険過ぎる行為じゃないかしらん。



〇脂に画(えが)き氷に鏤(ちりば)む

(意味)
油に絵を描き、氷に彫刻してもすぐ消えてしまうように、努力してもその効果のないこと。

類:油に物を描く。


これもよくある(笑)
切ないけど。努力しても実らないことも沢山。
効果がないというのは心が折れそうだけど、必ず実になると信じたい。



〇雨垂れ石を穿つ

(意味)
わずかな力でも根気よく続ければ、予想外の成功をおさめることのたとえ。

類:塵も積もれば山となる。
  石に立つ矢。
  釣瓶井桁を断つ。
  泰山のしたたり石を穿つ。


類語の方がよく使われるかと。
苦労はいずれ報われる。そう信じたい。



〇網呑舟の魚を漏らす

(意味)
網の目があらいので、舟を呑むような大魚も逃がしてしまうことから、法律の規定が大まかだと大罪人までも逃がしてしまうこと。


本当にそうですね。
この諺は恥ずかしながら初めて知りました。
まだまだ知らないことが沢山あるなあと実感。
こんなことが起こらないことを願いたい。



〇雨にかみあらい風に櫛(くしけづ)る

(意味)
世の中の色々な苦労を体験すること。


これも初めて知った諺。
想像するにものすごい苦労をしたのだろうなあと思わせる言葉。
そうそうこんな表現できないですね、よほどの経験がなければ。



〇雨降って地固まる

(意味)
雨が降った後、かえって地面が固くなるように、いざこざが起こった後、お互いの意志が通じ合って、かえって良い結果を得て、落ち着くこと。

類:いさかい果てての契り。


これはよく使う諺のひとつかと。
物事というのは不思議なもので、諍いの後の方が団結したりするもんですよね。



〇雨降りに草履

(意味)
雨降りに不似合いな身支度で、準備の悪いこと、不似合いなことのたとえ。


よく神社やお寺などに高いヒールとかサンダルとかで来てる若い子見ると、まさにこの言葉のようだと思う。
なぜその場のそぐわない恰好で来るのか。とても疑問。
自分だって歩きづらくないのか?
そして失礼だとも思わないのか。



〇過ちは好む所にあり

(意味)
誰でも好きなことや得意なことはとかく油断をして、思わぬ失敗を招きやすいこと。

類:河童の川流れ。
  弘法も筆の誤り。
  猿も木から落ちる。
  好きなことにはだまされ易い。



確かに油断してしまう瞬間ってありますよね。気持ちが安易になっちゃうのかな。
もしくは気のゆるみというか、有頂天だったり・・・。
得意なことだからこそ、失敗しないように集中を怠らないようにしたいものですね。



〇蟻の穴から堤の崩れ

(意味)
堂々たる堤も、おけらや蟻の開けた穴がもとで崩れることがあるの意。
わずかな間違いや油断がもとで大事なことが駄目になること。



こんなことよくありますよね。
大丈夫だと安心した途端に・・・という経験が幾度もあります。
やはり最後まで油断は禁物。責任もって見届けることって大切ですね。大変だけど!






今回はこの辺で。
またことわざを記事にしたいと思います^^






2021/02/21(日) | ことわざ~言霊辞典📙 | トラックバック(-) | コメント(0)

 |  HOME  |  »