こんにちは。


部屋のクーラー故障の為、いつも記事は書き溜めているものを予約投稿しております。

皆様のブログへの訪問は携帯から通っていますが、コメントの書き込みや頂いたコメントへのお返事はパソコンから行っております。

部屋からではとてもではないですが、湯だった蒸し風呂のような温度の中書き込むことが流石に困難なため、ネットカフェを利用して行っております。

そのため、お返事が大変遅くなっております。

いつもコメント頂いている皆様に大変申し訳ありませんが今しばらくご容赦お願いしたく存じます。

勝手ながら申し訳ありません。。


もちろん、遅くはなりますが必ずお返事書かせて頂いております。

宜しくお願い致します。


          陳謝






今日は歌謡曲紹介。
また古い人をチョイスですが(笑)
西郷輝彦さんの「星のフラメンコ」




   ☆星のフラメンコ(1966)

     作曲・作詞:浜口庫之助
     歌:西郷輝彦


好きなんだけど 離れてるのさ
遠くで星をみるように
好きなんだけど だまってるのさ
大事な宝 かくすように
君は僕の心の星
君は僕の宝
こわしたくない なくしたくない
だから 好きなんだけど 離れてるのさ
好きなんだけど だまってるのさ

とどかぬ星を 恋した僕の
心をうたう 星のフラメンコ
輝け星よ 君の夜空で
歌えよ涙 僕の心で
君は僕の心の星
君は僕の宝
こわしたくない なくしたくない
だから 歌うよせめて 心の歌を
ひびけ夜空に 星のフラメンコ 星のフラメンコ






辺見マリさんの元旦那さん。
そして辺見えみりさんのお父さん。

西郷輝彦氏の代表曲。
この歌も流行りましたね。

西郷氏はヨーロッパを旅行した際、スペインで鑑賞したフラメンコに感動したとのこと。
洋行から帰国した彼が、挨拶で訪れたソングライターの浜口庫之助邸にて、本場のフラメンコを観た感動をそのまま話すと、浜口さんはちょうどそのころ西郷さんの新曲を制作する準備に入っていたことを明かし、両人とも新曲をフラメンコのリズムで制作することで意見が一致したという。

なので、とてもリズミカルで情熱的な曲調に仕上がっている。





スポンサーサイト



テーマ : 懐かしい歌謡曲    ジャンル : 音楽
 2020_09_01



今日はキョンキョンの歌を。
懐かしの曲紹介です。
特に好きでも嫌いでもないけど、この歌は好き。



   ☆木枯らしに抱かれて(1986)


     作曲・作詞:高見沢俊彦
     歌:小泉今日子


出逢いは風の中 恋に落ちたあの日から
気づかぬうちに心は あなたを求めてた

泣かないで恋心よ 願いが叶うなら
涙の河を越えて すべてを忘れたい

せつない片想い
あなたは気づかない

あなたの背中見つめ 愛の言葉ささやけば
届かぬ想いが胸を 駆け抜けてくだけ

哀しい程の星空に 天使の声がする
あきらめきれぬ恋でも 夢は見ていたのよ・・・

せつない片想い
あなたは気づかない

恋人達はいつか
心傷つくたび
愛する意味を知る
涙・・・やさしく

その手に確かな夢をつかんで

白い季節の風に吹かれ
寒い冬がやって来る
激しく燃える恋の炎は
誰にも消せないの

せつない片想い
あなたは気づかない
せつない片想い
あなたは気づかない






作詞・作曲がアルフィーの高見沢さん。
アルフィーが好きだから、やっぱりこの歌もいい曲。
う~ん。キョンキョン若いね。可愛い。でも歌は下手・・・。
なので、アルフィーバージョンもアップしよう。



みんな若い。
この歌は高見沢氏がボーカルをつとめてるんですね~。
アイドル提供曲にピッタリな歌。

小泉今日子自身の主演2作目となった映画『ボクの女に手を出すな』の主題歌。
残念ながら映画はまだ見たことないけど。今もレンタルであるのかなぁ。







テーマ : 懐かしい歌謡曲    ジャンル : 音楽
 2020_07_19



本日は歌謡曲の記事。

椎名林檎さん。
友人がカラオケでよく歌っていて、私も好きになったアーティスト。




   ☆歌舞伎町の女王(1998)



     作曲・作詞:椎名林檎


蝉の声を聞く度に 目に浮かぶ九十九里浜
皴々の祖母の手を離れ 独りで訪れた歓楽街

ママは此処の女王様 生き写しの様なあたし
誰しもが手を伸べて 子供ながらに魅せられた歓楽街

十五に成ったあたしを 置いて女王は消えた
毎週金曜日に来ていた男と暮らすのだろう

「一度栄えし者でも必ずや衰えゆく」
その意味を知る時を迎え足を踏み入れたは歓楽街

消えて行った女を憎めど夏は今
女王と云う肩書きを誇らしげに掲げる

女に成ったあたしが売るのは自分だけで
同情を欲した時に全てを失うだろう

JR新宿駅の東口を出たら
其処はあたしの庭 大遊戯場歌舞伎町

今夜からは此の町で娘のあたしが女王






まず、歌詞が素晴らしいなあと。
フィクションながら、ちゃんと物語になっていて、タイトル通り、歌舞伎町の歓楽街の世界観が垣間見える。
私は心の中で、桑田佳祐さんと同じ部類の人間だと思っている。
独特の世界観に加え、歌い方とか言葉選びとか。どことなく同じ匂いがすると思っているのは私だけだろうか。
実際、彼女は確か桑田さんのソロの歌をカバーしてた気がする。スキット・ビートだったかな。
多分、どこかしらは影響を受けているのだろう。

林檎さんのあの、巻き舌がかっこいい。
意外に演歌のような歌も合うのではなんて思ったり。

男性アーティスト中でエロい歌詞を作るのが巧いのが桑田さんだとすると、視点はちょっと違うかもしれないけど、女性中で巧いのは彼女であると思う。




テーマ : 女性アーティスト    ジャンル : 音楽
 2020_06_21



今日の記事は、歌謡曲紹介を。
デュエットです。





   ☆北空港


     作曲:浜圭介
     作詞:やしろよう
     歌:桂銀淑&浜圭介


夜の札幌 あなたに逢えて
凍てつく心に 灯りがともる
これからは二人だよ もう泣かないで
ついておいでよ
涙を捨てて 過去さえ捨てて
愛が飛び立つ 北空港

夜の札幌 おまえに惚れて
さすらう旅路に 明日が見える
信じてもいいですね もうあなただけ
命尽くすわ
涙を捨てて 過去さえ捨てて
愛が飛び立つ 北空港

夜の札幌 舞い散る雪も
二人の夜空で 咲く花になる
どこまでも一緒だよ もう離れずに
夢を探そう
涙を捨てて 過去さえ捨てて
愛が飛び立つ 北空港







デュエット曲定番。歌う人も多いのでは。

今の職場ではカラオケがないので歌いませんが、前にデイサービスにいた頃は何度も歌った曲。
カラオケタイムになると、介護職員はまるでホステスのようだったから(笑)
特に私はその当時、若い割には古い歌ばかり知っているので、ご指名が山ほどでした。
その中には北空港も。

浜圭介と桂銀淑は師弟なのだそうです。知らなかった。
札幌の夜を舞台に、北の空港から旅立つ男女の恋を歌っており、2004年7月24日には新千歳空港ターミナルビル2階のセンタープラザに高さ2メートル、幅93センチのステレンス製の歌詞碑が建てられた。
同曲の歌詞が刻まれ、ボタンを押すとオルゴール調のメロディーが流れる仕組みになっている。
2010〜2012年の空港ターミナル改修により、歌詞碑は同空港の国内線ターミナルビル3階のフードコートに移設された。 

歌いやすい曲です。
桂銀淑は掠れた声が特徴だけど、今でも歌っているのかしら。
確かものすごい博打好きって聞いたことがありますけど・・。




テーマ : 懐かしい歌謡曲    ジャンル : 音楽
 2020_06_09




今日は歌謡曲・・・
かなり昔の歌の紹介です。
私的には昔という感じはあまりしないのだけど(笑)

そういえば、中学生の頃から時代錯誤してるって、よく両親や友人に言われたっけ(笑)
ひどいことに友人には古典ガールって(笑)

まあ、いっか。本当のことだし(;^_^A



    ☆ゲイシャ・ワルツ

      作曲:古賀政男
      作詞:西條八十
      歌:神楽坂はん子


あなたのリードで 島田もゆれる
チークダンスの なやましさ
みだれる裾も はずかしうれし
ゲイシャ・ワルツは 思い出ワルツ

空には三日月 お座敷帰り
恋に重たい 舞扇
逢わなきゃよかった 今夜のあなた
これが苦労の はじめでしょうか

あなたのお顔を 見たうれしさに
呑んだら酔ったわ 踊ったわ
今夜はせめて 介抱してね
どうせ一緒にゃ くらせぬ身体

気強くあきらめ 帰した夜は
更けて涙の 通り雨
遠く泣いてる 新内流し
恋の辛さが 身にしみるのよ




最初の出だしはとても有名ですよね。
たまに口づさむと、職場ではおじいちゃんやおばあちゃんが喜んでくれます(笑)
私よりも少し年上のスタッフはみんなビックリしますが。

はん子さんは映像にある通り元芸者さん。
私もあまり詳しくは知らないけど、とても寂しい晩年を過ごしたようで。

「神楽坂」という地名も、彼女の名前のおかげで全国区に広がったのでしょうね。








テーマ : 懐かしい歌謡曲    ジャンル : 音楽
 2020_04_10




08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.