大好きなジェレミー・アイアンズの映画。



  

    ある天文学者の恋文 (2016)



          監督:ジュゼッペ・トルナトーレ

          製作国:イタリア

          主演:ジェレミー・アイアンズ、オルガ・キュリレンコほか。




    moblog_55855bba.jpg


★あらすじ

著名な天文学者エドと彼の教え子エイミーは、皆には秘密の恋を謳歌していた。しかし、突然エイミーの元に届いたエドの訃報。現実を受け入れられないエイミーだが、彼女の元にはその後もエドからの優しさとユーモアにあふれた手紙やメールや贈り物が届き続ける。エドの遺した謎を解き明かそうと、エイミーは彼が暮らしていたスコットランド・エジンバラや、かつて二人で時間を過ごしたイタリア・サンジュリオ島を訪ね、そこで彼女が誰にも言えずに封印してきた過去を、エドが密かに調べていたことを知るが――。




年の差カップルの愛の物語。私も年上のおじさま大好きだから恋に落ちる気持ちは理解できる(笑)

しかも相手はジェレミー・アイアンズだし。色気と愛らしさと知的さ。最強の男性像。

ただの恋愛映画ではないのがよかった。愛を通してのエイミーの自己再生記。これだけ死んだあとも気にかけてくれる人がいたら幸せだ。親子ほども年が離れているだけに、愛と恋の間の感覚に近いのかもしれない。死に行く者と残される者。どちらが辛いのか。

それにしてもエイミーはラッキーな女性だ。恋人は死んでしまうけれど、不倫してた先生の家庭とももめることもなく、大きな別荘まで相続してしまうし。

素敵な恋かもしれない。相手は亡くなってるわけだし、思い出は美しいままだろう。しかも仲たがいしたままだった母親とも先生の導きにより復縁できたし、辛い思い出だった父の事故も乗り越えることができた。死んだ愛する人からの沢山の恋文とプレゼント。とてもロマンティックだし、もうこれ以上の恋愛はできないのではと思える。

でも忘れてはいけない。これは不倫であったということ。しかも自分と同じ年の娘までいる。もちろん、エイミーは家庭を壊すつもりもなく、ただひたすらに純粋に恋だけしてたわけだけども。エドは自分の死期を悟らせなかった。それは愛故と言ってしまえば、それまでだけど。自分よがりとも言える。妻や子供たちへの愛情はもちろんあるのだろうけど、エイミーへの気持ちも包み隠さず言葉にしていくアド。それは家族からしてみれば悲しく辛い裏切りでしかない。しかも本人は満足そうに死んでいく。どこに怒りや遣る瀬無さの思いをぶつけられようか。

その点にはあまり触れずに、綺麗で美しい物語として作られている。



moblog_a6812f7b.jpg    


あいかわらず、ジェレミーはセクシーだ。70歳超えてもベットシーンできる俳優ってあんまりいないだけに、あのセクシーさはもはや貴重だ(笑) そして違和感もないという。さすが(笑)







スポンサーサイト



テーマ : ジェレミー・アイアンズ    ジャンル : 映画
 2019_11_30




08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.