今日は大ファンの俳優、ドニー・イェンさんの作品紹介です。




   ☆画皮 あやかしの恋(2008)

     監督:ゴードン・チャン
     出演:ドニー・イェン、ジョウ・シュン、ヴッキー・チャオほか。
     製作国:シンガポール・中国・香港


 moblog_288a3db7.jpg


〇あらすじ
から漢にかけての時代。
将軍・王生(ワン・シェン)は合戦の最中、盗賊に捕らえられていた若く美しい女、小唯(シャオウェイ)を救出し、故郷に連れ帰る。
故郷には、王生と相思相愛の妻・佩蓉(ペイロン)が待っていた。
佩蓉に事情を話し、親切にも、身寄りのない小唯を屋敷に住まわせる事にした王生。
しかし、小唯は人間の姿をしたキツネの妖魔だった。
王生に恋をした小唯は様々な妖術で彼を幻惑し、佩蓉から妻の座を奪おうと企む。
小唯が町へ来て以来、町では人の心臓がえぐり取られる猟期的な殺人事件が頻発する。
小唯を不審に思った佩蓉は、彼女が魔物で猟奇的な事件の犯人なのではないかと疑い、
結婚前に仲の良かった龐勇(パン・ヨン)に相談するが…。




※ドニー・イェン・・・パン・ヨン役


中国代の怪異譚『卿斎志異』の中の一話「画皮」を改編映画化したアクション・ファンタジー映画。
残念ながらこの作品では主役ではない。
場面によって、コメディ要素があったり、サスペンスフルなホラーにも見えたり、ハードなアクションがあったりしつつも、主軸は色恋沙汰中心のメロドラマという、実に香港映画らしいバラエティーに富んだ内容。

最初の登場シーンが戦闘で、めっちゃかっこいい! 無敵!!と感動したのに、突然旅に出ていってしまう(笑)
どうやら失恋が原因のようで・・。それから時が経ちまた戻ってきたところで昔の恋人から相談を受けることに。
まだ惚れているようで、彼女の言葉を信じ助けようとする。
彼の役には珍しい少し軟弱な雰囲気の性格。コミカルなところもあり、人間味がある。


moblog_feeb695b.jpg



moblog_c9117219.jpgmoblog_7cd13080.jpg

私が思うに、ドニー・イェンは短髪もいいけど、こういう髪型がめっちゃ合うと思う^^
日本でいうところの時代劇の鬘と一緒なのかな。
清の時代の髪型なわけだから。

人間相手には無敵だけど、さすがに妖怪相手ではそうはいかず、一度死んでしまうけど、最後は生き返る。ファンタジー!
ワンはとても一途で、あんなに魅力的なシャオに目もくれない。奥様一筋。でも、ペイロンは不安で夫をいつも疑ってばかり・・。
妖魔とはいえ、シャオもとても一途で情熱的で可愛い。こんなに人間を好きになってしまって可哀想にと思わず同情してしまう。結局最後は二人の愛の絆に負け、死んでしまうし。

なかなか面白い映画だった。








スポンサーサイト



テーマ : ドニー・イェン    ジャンル : 映画
 2020_07_24



今日は大好きなドニー・イェンの映画紹介。




  ☆ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016)


     監督:ギャレス・エドワーズ
     出演:ドニー・イェン、フェリシティ・ジョーンズほか。
     製作国:アメリカ


 moblog_e9026347.jpg


〇あらすじ

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…

銀河全体を掌握しつつあった銀河帝国軍は究極兵器の初代デス・スターを完成させる。

しかし、デス・スター開発の主要人物であるゲイレン・アーソは、妻のライラ・アーソを殺害したオーソン・クレニックをはじめとする帝国軍への復讐のため、デス・スターの重要情報を帝国軍のパイロットのボーディー・ルックに託して脱走させる。

ボーディーは惑星ジェダで反帝国勢力「パルチザン」を率いるゲイレンの旧知の仲の戦士であるソウ・ゲレラに面会するが、長年の戦いで疑心暗鬼に陥っていたソウには信用されず、拘束されてしまう。

この情報を掴んだ反乱同盟軍は、ゲイレンの娘であるジン・アーソを利用してソウと接触を図ろうとする。彼女は幼少の頃に父と別れソウに引き取られていたが、数年前に彼と袂を別った後にリアナ・ハリクと名乗る無法者となり、帝国軍に逮捕されていた。

惑星ウォバニで帝国軍の強制収容所へ向かうターボ・タンクで連行されていた彼女は、元帝国軍ドロイドのK-2SOや反乱軍兵士のメルシらに救出され、ヤヴィン第4衛星の反乱軍基地でモン・モスマ議員から顛末を説明され反乱軍と過激なソウの仲介役を務めるよう要請され、この役目を引き受ける。

反乱軍のスパイであるキャシアン・アンドーと組んだジンは、ソウを探すためジェダの聖なる都であるジェダ・シティへ行き、そこでウィルズの守護者のチアルート・イムウェと元ウィルズの守護者のベイズ・マルバスに出会う。

4人は帝国軍とパルチザンの戦闘に巻き込まれ、その最中にキャシアンがパルチザンのメンバーを射殺したためパルチザンに拘束され、ソウのアジトへ連行される。アジトでソウと再会したジンは、ボーディーが持ってきたゲイレンのメッセージを見る。

ゲイレンはデス・スター開発に協力するフリをして構造に致命的な弱点を仕込み、その弱点を記した設計図のデータは帝国軍の建築物データが収集されている惑星スカリフにあることを伝える。

その一方、帝国軍はデス・スターのプロジェクトの保安責任者となっていたクレニック長官の指揮の下、ジェダ・シティをスーパーレーザー砲の試射の標的にしていた。通常より低威力の砲撃であったにもかかわらず、聖なる都一帯は完全に破壊される。

ジンたち4人と解放されたボーディーは、K-2の操縦するUウィングで辛くも脱出するが、両足が義足故走れないソウはジンに銀河の未来を託し、崩壊するアジトと運命を共にする。

ボーディーからの情報でゲイレンが惑星イードゥーの研究施設にいることを突き止めた一同は、彼を保護するべく現地に向かうが、キャシアンは秘密裏に彼の暗殺を命じられていた。

同じ頃、クレニックもデス・スターの指揮官であるターキン総督からの命を受け機密漏洩の主を捜索するためイードゥーの研究所を訪れていた。クレニックは研究員らを呼びつけ、デス・スターの機密を漏らした者が名乗り出なければ全員射殺すると脅迫したためゲイレンが名乗り出るも、クレニックは躊躇せずデス・トルーパーにゲイレン以外の研究員を皆殺しにさせ、自らゲイレンの顔を一発殴る。

その一部始終を見ていたキャシアンは、クレニックとゲイレンが接触する隙を狙って狙撃を試みるが引き金を引くことを躊躇う。折悪く、キャシアンから送られていた情報を元に反乱軍が派遣した攻撃隊が帝国軍への攻撃を開始する。

Xウイングの爆撃に巻き込まれたゲイレンは致命傷を負い、駆け付けたジンの腕の中で息絶える。

クレニックはイードゥーを脱出した後、惑星ムスタファーで傷を癒していたダース・ベイダーの城塞に呼びつけられていた。

ベイダーはジェダの一件が既に帝国元老院に対し”事故”として報告されており、ゲイレンがデス・スターに施した致命的な弱点に対する懸念を口にした。保身を図るクレニックに対し、ベイダーはフォース・グリップによる恫喝を加え、任務の完遂を命じる。

その一方、帝国軍の貨物シャトルを奪取してヤヴィン第4衛星に仲間たちと帰還したジンは、デス・スターの脅威を報告し惑星スカリフへの攻撃を反乱軍の評議会に進言するが、降伏を主張する者やジンやボーディーの出自から情報の真偽を疑う者が異議を唱えたため、モスマ議員は評議会の承認が得られないと実行できないという理由で申請を却下せざるを得なくなる。

家族を苦しめた帝国軍に一矢報いたいジンに対し、ゲイレンに恩のあるボーディー、故郷ジェダを焼かれたチアルートとベイズ、そしてキャシアンとK-2をはじめとする特殊部隊の面々が協力を申し出る。無断で帝国軍の貨物シャトルに乗り込み、出撃しようとする彼らに対して管制塔はコールサインを問いかけ、ボーディーはとっさに反乱者たちで構成された自身たちを指して「ローグ・ワン」と名乗る。

惑星スカリフに着陸したローグ・ワンの戦士たちは、シタデル・タワー内のデータ保管庫への侵入を試みるジン、キャシアン、K-2のチームと、侵入を支援する陽動作戦のチームに分かれて行動を開始する。惑星スカリフでの戦闘行為を把握したヤヴィン第4衛星では、ラダス提督率いる反乱軍艦隊が評議会の決定を無視して独断で出撃し、ヤヴィン第4衛星の反乱軍基地に残っていた攻撃隊もスカリフへの出撃を迫られる。

クローン戦争以来の大規模な戦争が避けられないと悟ったベイル・オーガナ議員は旧友のオビ=ワン・ケノービに助けを求めるべく特使を送り出し、自身は惑星オルデランへと出発する。

K-2は、惑星全体を覆うエネルギー・シールドを破壊しなければデータサイズの大きい設計図を反乱軍艦隊に送信することは不可能だと知り、キャシアンはボーディーに帝国軍の通信システムを乗っ取って反乱軍艦隊にこの事実を報告するよう命じる。

ベイダーとの面会後、更なるゲイレンに関する記録の調査のために惑星スカリフを訪れていたクレニックは、自身のデス・トルーパーをも戦線に投入し、自らは僅か二名のデス・トルーパーを率いてタワー内への侵入者を追う。

数で劣るローグ・ワンと反乱軍艦隊は次第に追い詰められていく。ストームトルーパーと戦ったK-2は彼らに破壊され、キャシアンもクレニックに撃たれ、戦線を離脱。通信システムを巡る一連の戦闘で、通信ケーブルを繋いだボーディー、起動スイッチを押したチアルート、陽動作戦のチームを守って戦ったベイズらも相次いで死亡する。

彼らの犠牲によってもたらされた情報を元に、反乱軍艦隊はシールドゲートへの強攻を開始し、遂に破壊に成功する。タワーの屋上の送信アンテナの近くにたどり着いたジンは設計図のデータを送信しようとするが、手勢を失いながらも単身追撃してきたクレニックに追い詰められる。しかし辛うじて追いついたキャシアンの銃撃でクレニックは倒れ、ジンとキャシアンはデータを送信した後タワーから退避する。

だがその頃、デス・スターが惑星スカリフの軌道上に接近していた。ターキン総督はシングル・リアクターのスーパーレーザーをタワー周辺に撃ち込むよう命令する。

スーパーレーザー砲の直撃を浴びたタワーはクレニックを巻き込んで壊滅し、ジンとキャシアンもまた自分たちがデス・スターの設計図という「希望」を残したことを確信しつつ爆風に飲み込まれる。設計図のデータを受信し離脱を図る反乱軍艦隊の前にはベイダーのスター・デストロイヤー<デバステーター>が立ちはだかる。

自らセンチネル級ランディング・クラフトで反乱軍旗艦に殴り込み、ライトセーバーとフォースを縦横無尽に操る彼の魔の手を逃れた設計図のデータが入ったディスクは反乱軍兵士たちの手から手へと渡され、偶然ラダス艦隊の旗艦に接舷されていた<タンティヴIV>に移される。

<タンティヴIV>の船内で最後に設計図のデータが入ったディスクを手渡されたのは、ベイル議員の娘である反乱軍の特使レイア・オーガナ姫であった。

多くの犠牲を賭して手に入れたこのディスクこそが「希望です」と語るレイアを乗せ、<タンティヴIV>はハイパースペースへとジャンプした。 






※ドニー・イェン・・・主演ではない。チアルート役。




アメリカスペースオペラである「スター・ウォーズシリーズ実写映画本編を補完する、実写映画スピンオフ作品シリーズ「アンソロジー・シリー」の第1作品目。


正直、スター・ウォーズシリーズを見たことがないので、作中の単語に?が (笑)

有名な映画だからおおよその内容は知ってるけど。

ドニー・イェンは主役ではない。出番もまあまあといったところ。

盲目の僧侶で、フォース?がないのに、フォースを信じており、なぜかめっちゃ強い(笑)

目が見えない分、耳と感が良く、まるで見えているかのように敵をいとも簡単に倒していく。物語上、カンフーではないけど、棒?でなぎ倒していく様はさすがドニー様。

綺麗だし、なにしろ動きが早いのです。



moblog_d8329eb4.jpg


この中では結構俺様な性格をしており、仲間のベイズは振り回されている(笑)

コミカルな視点。

最初は盲目の設定ではなかったらしい。

ドニーが監督に案を出したところ、面白いということで適用されたという。




  moblog_636fc7d0.jpg


よくよく見ると瞳の色がちょっと怖いけどね (゚△゚;ノ)ノ



moblog_c655a980.jpg


途中で死んでしまうけど、かっこいい戦闘シーンみれたからまあ、いいか。

でも戦うシーンが少なすぎて不満。。。






テーマ : ドニー・イェン    ジャンル : 映画
 2020_06_05



ドニー・イェンの映画紹介です。
大好きなのですww




  ☆モンキー・マジック 孫悟空誕生(2014)

    監督:ソイ・チェン
    出演:ドニー・イェン、チョウ・ユンファ、ほか。
    製作国:香港・中国


 moblog_545aebe7.jpg


〇あらすじ

天界、魔界、人間界の三界に分れた世界では天界の神々が世を治めていた。天界の支配に反旗を翻した魔界の牛魔王は戦いを挑んだが、玉帝に敗れる。

玉帝の妹で牛魔王を愛する鉄扇公主の嘆願により命は助けられたが、2人は火焔山に追放されてしまう。

破壊を受けた天界は創造の女神じょかの放つ五色の石によって修復されることとなった。その途中神聖な石の欠片が下界の花果山(かかざん)に落ちて命を宿し、やがてそこから生まれた一匹の猿がその地で猿の王となった。

それを知った観音菩薩は仙人である須菩提祖師(すぼだいそし)にこの猿を正しく導くよう託す。須菩提祖師が猿の王を訪れた際見せた死んだ蝶を蘇らせる「起死回生」の術に興味を抱いた彼は、弟子として修行することを決意。

そこで孫悟空と名づけられ72般の変化をはじめとする武術を習得する。

しかし他の弟子たちといざこざが絶えず、その未来を案じた師匠は孫悟空を花果山に戻すのだった。

故郷に戻った孫悟空は猿たちから美猴王(びこうおう)と呼ばれ崇められる立場であった。留守中妖怪から襲われたことを知ると猿たちの武器を借りるために、東海竜宮の竜王に海中深く会いに出かける。そこで海底に埋め込まれた如意棒を軽々引き抜き手に入れるとたちまち海は荒れ津波が起こってしまった。多くの武器を花果山に持ちかえった孫悟空は津波によってこの地に逃れて来た狐の妖精ユーシュと再会する。

彼女は孫悟空がまだ仙石の中にいて生まれる前に出会っていて、それをお互い覚えていたのだ。

同じ時、竜宮城を破壊された竜王による天界への陳情を聞いたのは玉帝の配下である二郎神。天界の転覆を諦めない牛魔王は天帝への不満や功名心を逆手に取り秘かに二郎神を味方に引き入れていたのだ。その二郎神の命令によって猿退治に向かったなたの攻撃に苦戦する孫悟空を助けたのは牛魔王であった。

天界への攻撃に孫悟空を利用しようと考えていた牛魔王はこれを機に信頼を得て、孫悟空に斉天大聖と名乗ることを提案。天界に行き不老不死の術を学ぶように耳打ちする。

その気になった孫悟空は天界にむかい、そこでまみえた玉帝から弼馬温(ひつばおん、馬飼いの役)に任命されるが自由気ままに行動しては天界の秩序を乱すこととなってしまう。

その行動を諌めようとする須菩提祖師と、それを悪用しようとする二郎神と牛魔王。やがて牛魔王の計略は故郷花果山の猿たちにもおよぶことになる。 




※ドニー・イェン・・・主役。孫悟空役。


ドニーはこの撮影の1年前から動物園に通い猿を観察。

花果山の孫悟空は単純で無邪気な子供のような天性を持っていると、最終的なインスピレーションは、当時3歳だった自分の息子から得たという。

「僕のバージョンはただアクションがよければいいというものではなく、一挙一動が本当の猿に見えたうえで美猴王のヒロイズムをアクションで表現したかった。僕の孫悟空はひとつの東洋のスーパーヒーローだよ」。

また、レイティングを考え自分のアクションを子供たちに見せなかったという彼にとって、初めて我が子に見せることのできる映画となった。

確かにひじょうに生々しい猿だった(笑)

動きとか歩き方とか猿そのもの。というか、メイクが凄すぎて最早ドニーの面影もない(笑)

コレ、彼じゃなくてもいいんじゃない?と思うほど。顔がしっかり見たいファンとしては残念な作品。最初から最後まで完璧なメイクのままだから、全くかっこよさがない。

いや、動きとか戦闘シーンはかっこいいんだけどね。

孫悟空の特殊メイクには毎回6時間を要しメイク落としには4時間。

撮影が行われた約160日間のうち、ドニーがメークに費やしたのは1000時間あまりにものぼる。

衣装がぴったり密着するボディスーツだったために、体に満遍なくオイルを塗った上で5人がかりでやっと着せるという準備が必要で、一旦メイクをすると飲食禁止トイレも禁止という非常に体にこたえる撮影に「もし大ヒットしても続編には出たくない」と公開前から宣言している

過酷としか言いようがない。最早いじめかと思うほど。演じる人も大変。だからこそ、素晴らしい作品に仕上がるのだろうけど。

トイレや水が駄目って、普通なら死んじゃう。

この映画でも彼はアクション指導を行っている。

香港や中国のカンフースターはたいていが自分で指導も兼ねている人が多い。

演じながらアクションも考える。自分だけでなく、共演者の分まで。相当の労力だろう、ひとりじゃないにしても。



moblog_ada2cc9c.jpg


完璧に猿すぎて、誰だか分からん!

内容は面白かった。

孫悟空の狂暴なまでの純粋さ、喜怒哀楽、愛らしさ。

粗暴なんだけど、どこか憎めないキャラ。







テーマ : ドニー・イェン    ジャンル : 映画
 2020_04_11



今日は大好きな香港スターのドニー・イェンさんの映画紹介を。



    ☆COOL(1998)

     監督:ドニー・イェン
     出演:ドニー・イェン、ユー・ロングァンほか。
     製作国:香港


〇あらすじ
どんな暗殺も素早くやってのける凄腕の殺し屋キャット。
孤独な彼の心が癒されるのは、深夜ラジオのDJへの電話と、近所に住む美しいキャリーの姿を偶然眺める時だけ。しかし、彼女は殺し屋である彼の事件を捜査する刑事であった。
闇の仕事をしながら、かつて自分を裏切り罠にはめた元同僚を追うキャットが、その男を見つけた瞬間から、キャリーとの運命の糸も絡まり合うことになる。 


   moblog_7747c8a7.jpg

ドニーが制作、主演、アクション指導、監督全てを手掛けた作品。
日本でのキャッチコピーは「最も、死亡遊戯…。」 

ドニーが経営していた「子彈製作有限公司」で全額出資し、『ドラゴン危機一髪‘97』に続く主演監督作品として制作された。その頃の香港映画としては珍しい同時録音、しかも英語台詞の予定でスタートしたが、役者のNG連発に初日は予定の半分も撮れず、翌日から広東語に変更した。 

撮影中に共同経営者はじめ関係者が資金を持って失踪するという事件が起きる。アジア金融危機の影響を受け、資金繰りが上手くいかず、最終的に自身が高利貸しから金を借りてなんとか完成させたという苦労した作品でもある。 

最後には銃の弾着技術を使う予算もなくなり、弾が窓ガラスを貫通する撮影では石を投げ、蛍光灯が割れる演出のために、その場にいるスタッフ総出で夜通しペットボトルを刻んだという。

足りない音楽を発注することもできず、ミュージック・ライブラリーの曲も使用した。宣伝する費用が一銭も残っていなかったことも重なり、映画は香港で非常に短い期間で打ち切りとなり、大きな負債を抱えるという結果をむかえた。

6か月後、そんな彼に1本の電話がかかってくる。日本のゆうばり国際ファンタスティック映画祭から「ヤング・ファンタスティック・グランプリ部門」にノミネートされたという報せである。

「それを聞いてその場で号泣してしまった」と後々までインタビューで語っている。


確かに映画の出来はひどい。ノミネートができたことも不思議なくらい。

この理由を知らないで見れば、ああ、ドニーは監督は止めた方がいいと即座に言うだろう。

流れもよくないし、突然すぎる展開にハテナマークが飛び交う(笑)

でもドニーはかっこいい。サングラスしてて、オシャレ感あるし。カンフーも相変わらず素晴らしい。

けど、残念なのは、基本的に映像が暗すぎて、せっかくのカンフーがあまりよく見えないという点。


構成は面白いとは思う。自分を裏切り、警察を辞めなければいけなくなったかつての相棒に復讐する話。孤独な男の唯一の楽しみがラジオ投稿。そして淡い憧れめいた恋。今のドニーだったらもっと素敵な映画に仕上がるのだろうけど、当時若かったし、費用は持ち逃げされてしまってるし。そんな中でも作り上げれたという事実に拍手を送りたい。

日本では持ち逃げとか聞かないけど、当時の香港や中国ではそういう事件もあったのかもしれない(1998年に公開)。この頃ドニーは34歳くらい。今は56歳。


映画の出来は確かに良くはないけど、ドニーの寡黙で孤独な演技は他にないので、まあそれを堪能できる作品といったところ。カンフーシーンがもっとあれば良かったのに。案外銃撃戦があったりする。


中国や香港のスター級の役者は、結構自身で監督やアクション指導するっていうイメージがある。

ジャッキーチェンとか。ドニーもあとひとつ手掛けているので、またそのうち紹介できればなと。



   moblog_2dacc472.jpg






テーマ : ドニー・イェン    ジャンル : 映画
 2020_02_17




08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.