こんにちは。

炭酸水が大好きな冬灯です^^



部屋のクーラー故障の為、いつも記事は書き溜めているものを予約投稿しております。

皆様のブログへの訪問は携帯から通っていますが、コメントの書き込みや頂いたコメントへのお返事はパソコンから行っております。

部屋からではとてもではないですが、湯だった蒸し風呂のような温度の中書き込むことが流石に困難なため、ネットカフェを利用して行っております。

そのため、お返事が大変遅くなっております。

いつもコメント頂いている皆様に大変申し訳ありませんが今しばらくご容赦お願いしたく存じます。

勝手ながら申し訳ありません。。


もちろん、遅くはなりますが必ずお返事書かせて頂いております。

宜しくお願い致します。


          陳謝






今日は久々の更新。ギリシャ神話の続きです。






   人間の味方、プロメテウス


ギリシャ神話には人類の起源にまつわる物語がいくつかある。
一説ではプロメテウスが水と土から最初の人間をつくった、といわれている。
プロメテウスは、ティタン神族のイアペトスの息子である。
彼は中々の知恵者で、先見の明があった。
かつてのティタン神族とオリュムポス神族の戦いでは、オリュムポス側の勝利を見抜き、ゼウスの味方をしたという。
そのため彼はオリュムポスでゼウスらと共存していた。

ところが、プロメテウスは、神々と人間たちの間で犠牲の獣の分け前について争いが起こった時、ゼウスを欺いて人間たちに有利になるようにした。
彼はまず巨大な牝牛を肉や臓物と骨のふたつに分けた。
そして、おいしい肉や臓物を胃袋に包んでまずそうに見せかけて、他は骨を厚い脂肪で包んでおいしそうに細工して、ゼウスの前に差し出したのである。

ゼウスは見た目がおいしそうな方を選んだが、中身が骨と知って激怒する。
ゼウスは怒りの矛先をプロメテウスが擁護する人間たちに向け、彼らから火を奪ってしまった。
しかし、プロメテウスもこのままでは引き下がらなかった。
彼は天上から火を盗み返し、再び人間に与えたのである。
これを知ったゼウスの怒りは頂点に達した。ゼウスはプロメテウスを捕らえてカウカソス山の岩山に鎖で繋ぐと、生きたままワシに肝臓をついばまさせるという恐ろしい罰を与えた。
しかもついばまれた肝臓は夜の間に再生し、来る日も来る日も同じ刑罰が繰り返されるという残酷なものだった。
プロメテウスは、のちに英雄ヘラクレスによって助け出されるまでは、この苦痛から開放されることはなかった。



☆要約

・プロメテウスはティタン神族の子孫


   ウラノスとガイアの子・イアペトス(ティタン神族)
   クリュメネ(またはアシア)←ティタン神族・オケアノスの娘

このイアペトスとクリュメネとの間に

   ・アトラス(世界の支配権をめぐる神々の争いでは、ティタン側についた。好戦的だった彼は「地の果てで天空を支える」という、とくに重い罰を与えられた)
   
   ・メノイティオス

   ・プロメテウス(かつてはティタン神族を裏切り、ゼウスの味方をしたが、その後は人間たちを守るためにゼウスを欺いた)

   ・エピメテウス

 の子供たちがいる。


プロメテウスが与えられたワシに肝臓をついばまれる罰は、3万年の刑期だった。


☆語源
アシアはアジア大陸の名になったという。







なぜプロメテウスはゼウスを裏切ったのか。
先見の明があり、賢かったプロメテウス。
だからこそ弱い立場の人間たちを救おうと味方になったのか。
想像するしかないけれど。
そこには色んなドラマが生まれそうだ。

それにしても毎日ワシに肝臓をついばまれるって、相当な刑だ。
考えるにも恐ろしい。
ゼウスの恐ろしさと冷徹さ、そして一思いには殺さないネチネチした厭らしさが垣間見える。




ではまた次回。







スポンサーサイト



 2020_09_10



こんにちは。


部屋のクーラー故障の為、いつも記事は書き溜めているものを予約投稿しております。

皆様のブログへの訪問は携帯から通っていますが、コメントの書き込みや頂いたコメントへのお返事はパソコンから行っております。

部屋からではとてもではないですが、湯だった蒸し風呂のような温度の中書き込むことが流石に困難なため、ネットカフェを利用して行っております。

そのため、お返事が大変遅くなっております。

いつもコメント頂いている皆様に大変申し訳ありませんが今しばらくご容赦お願いしたく存じます。

勝手ながら申し訳ありません。。


もちろん、遅くはなりますが必ずお返事書かせて頂いております。

宜しくお願い致します。


          陳謝






今日は大好きなギリシャ神話について。
前回の続きです。





   オリュンポスの神々

オリュンポスの神々には、はっきとした序列がある。
最高位はゼウスの兄弟姉妹や子供たちで構成されるオリュンポスの12神と呼ばれる神々で、彼らはいわばオリュンポスの上流階級である。
12神とは、ゼウス・ポセイドン・ヘラ・デメテル・ヘスティア・アテナ・ヘパイストス・アレス・アポロン・アルテミス・アプロディテ・ヘルメスだが、ヘスティアの代わりにディオニュソスが入ることも多い。
ちなみに冥界の王ハデスは、ほとんど地下の国に閉じこもっていたため、オリュンポスの12神には数えられていない。

他にもオリュンポスには、多くの神々が住んでいる。
例えばアプロディテの使者である愛の神エロス、ヘラの娘のヘベとエイレイテュイア、運命の女神モイラたち、季節の女神ホラたちなど。
さらにティタン神族でもゼウスに反抗しなかった者たち、例えば掟の女神テミスや、勝利の女神ニケなどはオリュンポスでゼウスたちと共存していた。

神々の宮殿では、日々の華やかな饗宴が繰り広げられ、彼らは神の食べ物アムブロシアや、神の酒ネクタルを堪能した。
ちなみにこれらを人間が口にすると永遠の生命を得られるという。神々は地上に住む人間たちを天上から観察したり、彼らについての議論をして過ごした。

古代ギリシャ人が神々のすみかと考えたオリュンポス山は、マケドニア地方とテッサリア地方の境界にある。
この山は標高2917メートルの国内最高峰の岩山で、頂上はほぼ1年中雪に覆われ、さらに雲に隠れていることも多く、全貌を現すことが少ないという。
その威容は神々のすみかに相応しいといわれている。

ではおさらいのまとめ
◎オリュンポスの12神

・ゼウス~オリュンポスの最高神で、あらゆる気象を司る天空の支配者。
     象徴は雷霆、王笏など。聖鳥は鷲。

・ポセイドン~ゼウスの兄。海の支配者で、全ての泉と地震の神。
       象徴は三叉の鉾、聖獣は馬、聖樹は松。

・ヘラ~ゼウスの姉であり妻。結婚の女神。
    象徴は百合、柘榴。聖獣は牝牛、聖鳥は孔雀。

・デメテル~ゼウスの姉。穀物、豊穣、農業の女神。
      象徴は麦の穂、芥子。聖獣は豚。

・ヘスティア~ゼウスの姉。かまどと家庭生活の守護神だが、彼女にまつわる物語は少ない。

・アテナ~ゼウスの最も愛する娘。知恵と戦いの女神。
     象徴は楯、槍、兜。聖鳥は梟。聖樹はオリーブ。

・ヘパイストス~ゼウスとヘラの息子。火と鍛冶の神。妻はアプロディテ。
        象徴は鉄床(かなとこ)、円錐形の帽子。

・アレス~ゼウスとヘラの息子。アテナと同じ戦いの神だが、知性とは無縁。
     象徴は槍、兜。

・アポロン~ゼウスとレトの息子。予言、音楽、医術の神。太陽神ともされる。
      象徴は弓、リラ(竪琴)。聖樹は月桂樹。

・アルテミス~ゼウスとレトの娘。狩猟と弓術の女神。アポロンの太陽神に対して月の女神でもある。
       聖樹は杉、聖獣牝鹿。

・アプロディテ~愛と美の女神。父親はウラノスともゼウスともいわれる。
        聖鳥は白鳥、鳩。聖なる植物は薔薇、芥子、花梨。

・ヘルメス~ゼウスとニンフのマイアの息子。商人、旅人、盗人の神。神々の使者。
      象徴は伝令杖、ペタソス(つばの広い帽子)。

・ディオニュソス~ゼウスと人間のセメレの息子。葡萄酒、演劇の神。
         聖樹は葡萄。聖獣は山羊、入鹿、蛇。
         (ヘスティアの代わりに加えられる場合がある)


※語源
・アメリカのスポーツメーカーのナイキは勝利の女神ニケに由来している。

・神酒ネクタルは、果汁飲料ネクターの語源。






同じゼウスの兄である冥界のハデスが加えられていないというのが不思議。
それだけ冥界というキーワードが闇というイメージが付きすぎて忌み嫌われてしまった結果なのか不明えど。地上に中々姿を現さないという理由だけでは説明不十分な気がするけど。

ヘスティアは確かにストーリーがほとんどない。私が知ってるのもひとつかふたつくらい。しかも主役級の話ではなく、わき役なイメージだし。
でも彼女もアテナやアルテミスと同じく処女神なんですよね。

これで神々の名前として主力メンバーがほぼ全員お出ましになりました。
それぞれの神さまたちの司る役割も説明した通りです。あとは、彼らの性格については追々書いていけたらと思います。



ではまた次回。
いよいよ人間が絡んできます。







 2020_08_28



だいぶご無沙汰になってしまいましたが、今日はギリシャ神話の続きをアップしたいと思います。
神々同士の戦いの続きです。





   怪物たちとの戦い

ティタン神族がタルタロスに幽閉されたのち、ガイアはタルタロスと交わり、半人半獣の巨大怪物テュポンを産む。
ティポンは神話中最大最強の怪物といわれている。この怪物は、頭が天の星に届くほど巨大で、左右の腕を伸ばせば西と東の端に届いた。
肩からは蛇の頭が100も生えていて、下半身は大蛇の如くとぐろを巻いていた。その上動くたびにシュウシュウと大音響を発し、眼からは火を放った。
ある時、この恐ろしい怪物が、天地を支配せんとオリュンポス山に攻めてきた。陰謀に気付いたゼウスは激しく雷鳴を打ち鳴らして威嚇するが、テュポンも炎を放って対抗してくる。
激しい攻防のうち、ゼウスがテュポンの頭に雷霆を打つと、とうとう怪物はよろめいて倒れた。すかさずゼウスは、テュポンの巨体をタルタロスへと投げ込んだ。

さらにオリュンポスの神々は、ウラノスの血の滴りから生まれたギガスたちとも戦った。
ゼウスは「ギガスたちは神々だけでは倒せないが、人間を味方につければ倒せる」という予言を得ていたので、人間の英雄ヘラクレスを味方に加えた。
さらに、この戦いではアテナやアポロン、アルテミスといったゼウスのこどもたちも活躍した。

こうしてゼウスたちオリュンポスの神々は、手ごわい怪物たちに勝利し、世界の支配を揺るぎないものにした。



◎おおまかなまとめ(ゼウスが世界を支配するまでの流れ)

・最初に天空ウラノスが世界を支配
     ↓
・母ガイアの策略に加担した父ウラノスを傷つけた、ティタン神族のクロノスが支配権を奪う
     ↓
・ゼウス誕生
     ↓
・ゼウス、兄妹たちを救出する(父クロノスの腹の中から吐き出させる)
     ↓
・ゼウスたちオリュンポス神族がティタン神族を倒し、クロノスから支配権を奪う
     ↓
・ゼウス、ポセイドン、ハデスの3兄弟が世界を配分統治する。天空の支配者ゼウスが最高神となる。
 ポセイドンは海、ハデスは冥界を割り当てられる。
     ↓
・怪物たち(テュポン、ギガスたち)との戦いに勝利し、ゼウスたちオリュンポスの神々の支配が揺るぎないものとなる


※語源
巨大な怪物テュポンは英語のタイフーン、すなわち台風の語源となった。






想像するのも恐ろしい怪物。
それにしてもなぜガイアはタルタロスと交わったのか。謎だ(笑)
まあ、それを追究してしまっては話は進まないので疑問に思うのはよしておこう(笑)

神々同士の戦い。これで終息。


それではまた次回。





 2020_08_12



今日はギリシャ神話の続きです。
いよいよゼウスも誕生し、ここから色んな物語も幅を広げて行きます。




  ☆ティタン神族との戦い

ゼウスたち若い世代の神々とティタン神族との間に、世界の支配をめぐる壮絶な争いが始まる。両者は互いに譲らず、10年もぼ間凄まじい戦いを続けていたが、ある時ガイアが、「大地の奥に幽閉されている者たちを味方につければ勝利する」という秘策をゼウスに授けた。
ゼウスはさっそく地下に幽閉されていたキュクロプスたちとヘカトンケイルたちを解放し、彼らを味方につけた。
鍛冶の名手であるキュクロプスたちは、ゼウスのために協力な武器となる雷霆(らいてい)を与えた。雷霆とは、炎の矢を束ねたような武器、即ち雷である。
一方、百腕のヘカトンケイルたちは、戦場でその威力を発揮した。

ヘカトンケイルたちは、合計300本の腕にそれぞれ巨岩をつかみ、ティタン神族目掛けて投げつけた。
ティタン神族はこれを懸命にこらえたが、大地は激しく振動し、うめき声をあげた。さらにゼウスが雷霆を打つと、その威力に大地は炎上し、川や海は沸騰した。
ティタン神族たちは激しい雷光のために視力を失った。
とどめを刺したのは、ヘカトンケイルたちだった。勢いを増した彼らは300本の腕で、連射の如く巨岩を投げ続けた。すると、ティタン神族たちは大量の巨岩の下敷きとなって身動きがとれなくなってしまった。ゼウスは、彼らを鎖につないで、大地の奥底のタルタロスへと送った。
こうしてティタン神族を倒したゼウスは、父クロノスに代わり、神々の王となった。
また、ゼウスら3兄弟はくじを引き、ゼウスが天空を、ポセイドンが海を、ハデスが冥界を統治することに決めた。


※語源起源

〇ゼウス・・・ローマ神話ではユピテル(英語名ではジュピター)と同一視されている。
       ジュピターは、木星の名として使われている。




ティタン神族は前に記事にしましたが、もう一度記載しておきます。
ウラノスとガイアの子供たちです。
オケアノス・テテュス・コイオス・ポイベ・ヒュペリオン・テイア・クレイオス・イアペトス・クロノス・レア・テミス・ムネモシュネたち。

ゼウスたちは、父親の軍勢と戦い、勝利したということですね。
祖母にあたるガイアがゼウスにティタン神族に含まれずに幽閉されているウラノスとガイアの子供であるキュクロプスたちとヘカトンケイルたちを味方につけるよう助勢。
ガイアは祖母でもあり、ゼウスの育ての母でもあるので、味方になったのでしょうが、考えてみれば戦っているのは、自分たちの子供たちなんですよね。
自ら産んだ子たちよりも孫のゼウスたちの味方になるというのも・・・。
まあ、キュクロプスたちも我が子なわけで、彼らを自由にさせてあげたいという思いもあったのかも知れないけど、実に複雑な立場。

なんだか、決定打となっているのが全て女性のような気がする。
ウラノスに復讐する時も、レアが子を産む際も、彼女たちの訴えや核心の言葉がなければ物事は動かないというか。
特にガイアの存在は予言者的な役割も担っているようだ。日本でいうところの卑弥呼のように。



では今回はこの辺で。
次回お楽しみに^^




 2020_07_11



前回の続きです。
ギリシャ神話・・・いよいよゼウスの登場です^^



  〇ゼウス誕生

クロノスは、姉妹のレアと結婚した。ところが、ガイアとウラノスに「お前も自分の息子に世界の支配権を奪われるだろう」と予言されたため、レアが産んだ子供を次々と呑み込んでしまう。
レアは、我が子を失う度に深い悲しみに襲われ、絶望の涙を流した。しかし、6番目の子を懐妊した時、今度産まれてくる子は絶対に守ろうと決め、母ガイアと父ウラノスに我が子を救ってくれるよう懇願した。かつて夫ウラノスによって同じ苦しみを味わったガイアは、娘の気持ちが痛いほどに分かった。
両親は娘の願いを聞き入れ、レアを密かにクレタ島に導いた。
クレタ島で無事に男の子を出産したレアは、我が子の養育をガイアに任せ、クロノスには産着を着せた大きな石を我が子と偽って渡した。クロノスは何の疑念も抱かず、その石を呑み込んだ。
一方、クレタ島ではレアが産み落とした男の子がすくすくと成長していた。この子こそ、のちに世界を支配することになるゼウスである。

成人したゼウスは、ガイアの教えに従いクロノスに吐剤を飲ませた。するとクロノスは、まず石を吐き出した。ゼウスの身代わりになった石である。
次いでゼウスのすぐ上の兄ポセイドン、さらに長男のハデス、3女ヘラ、次女デメテル、長女ヘスティアが出てきた。
クロノスは呑み込んだ時とは逆の順番で、ゼウスの兄姉全員を吐き出した。
ゼウスは兄姉たちと共にテッサリア北部のオリュムポス山に住まいを定めた。
この山の名前から、彼らはオリュムポス神族と呼ばれるようになった。


☆要約すると・・・

〇クロノスとレアが交わり、ヘスティア・デメテル・ヘラ・ハデス・ポセイドン・ゼウスを産んだ。
(ゼウス以外は産まれてすぐに父クロノスに呑み込まれる。末子のゼウスはクレタ島で極秘に誕生)


※語源起源
クロノス・・・ローマ神話の農耕神サトゥルヌスと同一とされ、英語名ではサターン。
       サターンは土星の名として使われている。




神話の中で主要人物たちが段々出てきました。
吐き出された兄姉たちはなぜか、成人しているという・・神話あるあるの不思議な設定(笑)

ウラノスは支配権がなくなってからは、なんだか覇気がない様子。ガイアに尻にひかれてる感じがしますね。
それにしても。
報いというのは恐ろしい。
クロノスはいわば母に懇願されて、父を排除したというのに(そこに彼の願望が含まれていたとしても)、父が呪いのような予言をするのは分かるけど、根源の母も口を揃えて言うというのは如何なものか。これも神話あるある (笑)
辻褄の合わないことだらけだけど。そこを真面目に追及しちゃうと物語ではなくなっちゃうわけで。

不思議な世界だね~神話とは。


ではまた次回☆




 2020_06_13




08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.