今日は大好きなジェット・リーの映画の紹介と感想を。
ネタバレありまよ^^



   ウォーロード 男たちの誓い (2007)


     監督:ピーター・チャン
     出演:ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武ほか。
     製作国:中国


  moblog_1268389b.jpg


☆あらすじ
19世紀の中国。太平軍との戦いで1,600人の兵士を失った清の将軍、パン(ジェット・リー)。街に出たパンは盗賊のリーダーのアルフ(アンディ・ラウ)、その養子のウーヤン(金城武)と出会い、昨夜ともに過ごしたリィエン(シュー・ジンレイ)がアルフの妻と知る。アルフとウーヤンは清軍に入り、3人は義兄弟の契りを結ぶことになるが……。




香港や台湾の映画賞を総なめにした歴史アクション・ドラマ。
清朝末期、太平天国の乱での実話を基に、男たちの友情と裏切りをダイナミックに描いている。血なまぐさい激しい戦場シーンが沢山あり、とてもリアルな演出。
ジェット・リーも複雑な感情を抱える役柄でこれまでにない繊細な演技を披露している。

清末四大奇案の一つである馬新貽殺害事件をモチーフとしている。
馬新貽(ばしんい)は官僚で、張文祥によって衆人環視のもと刺殺された。
張文祥は処刑されたが原因は不明に終わったため、馬新貽の暗殺は清末四大奇案の1つとして数えられ、演劇・映画・テレビドラマの題材として幾度かとりあげられている。
この映画の中では役名は違うけど、馬新貽がジェット・リー、張文祥を金城武が演じている。

男同士の厚い友情の話かと思いきや、ひじょうに複雑な関係を描いている。
パンは正義心もあり、勇気もあるけど戦をする上で規律を重んじ、冷酷さもある。
アルフは盗賊の長という立場から仲間思いで義があるが、感情のままに動いてしまうところがある。
ウーヤンは二人を慕って、純粋さと義理堅さがある。
そんな三人が義兄弟の契りを交わす。
原題は「投名状」。
これは契る際の儀式?のよう。作品の中では通りすがりの人間をそれぞれが殺し、なにがあっても裏切らない、裏切りがあったら殺すという血の契りを結ぶ。

だけど、戦に勝って、成功を治めていくうちに段々とパンとアルフの考え方の違いが見えてくる。さらにパンはアルフの妻と密通を繰り返し、それもひとつのきっかけでとうとうアルフを罠に嵌めて殺めてしまう。
パンがひとりでアルフの死を悼み、酒を飲むシーンは胸が痛くなるが、一番不幸だったのはこのアルフだ。結局妻の不義も知らないまま、パンの差し金とは知らずに息絶えてしまう。その姿は痛々しい。
主人公のパンよりも気持ちが肩入れしてしまうような人物だ。最後まで疑うことなく死んでしまうのはあまりにも悲しい結末。
その死を妨げられなかったウーヤンによって、最後はパンも殺されてしまう。正確には、パンも皇帝から差し向けられた銃弾により倒れるけど、最終的に命を奪ったのはウーヤンで、その彼も投獄され、処刑されてしまう。
アルフの妻もウーヤンが殺してしまい、結局誰も救われない物語。

ジェット・リーが出演していても残念ながらカンフーシーンはない。
まあ、戦闘シーンは沢山あるのでそこで彼の勇姿を見ることはできるけど。
わずかだけど、接近戦もあるので、カンフーではないけど、彼のキレのある動きは堪能できる。
しかも、私の好きな無表情(笑)


   moblog_f8445ece.jpg







スポンサーサイト



テーマ : 中国映画    ジャンル : 映画
 2020_05_24



今日はジェット・リーさんの映画について。
大好きな俳優さんです。
カンフー映画大好き (//>ω<)



   ☆キス・オブ・ザ・ドラゴン(2001)


     監督:クリス・ナオン
     出演:ジェット・リー、ブリジット・フォンダ、チェッキー・カリョほか。
     製作国:フランス&アメリカ


   moblog_747c95a0.jpg


〇あらすじ
麻薬捜査のために中国からパリにやってきた捜査官リュウは、地元警察のリチャードとともにフランスー中国間で麻薬密売を行うギャングのソングの逮捕に向かうが、そこでリチャードの目論みによりソング殺害の犯人に仕立てあげられてしまう。
リチャードはひそかに麻薬の市場独占を狙う悪徳警官だったのだ。リュウは、身をかくまってもらった親類のエビチップス売りの店先で、娼婦ジェシカと出会うのだが、彼女もまたリチャードにはめられ、愛する娘を人質にとられたあげく路上で商売をさせられていたのだった。
リュウは彼女の娘を助けるため、そしてリチャードの企みをつぶし自らの身を助くために単身動き出す。 




※ジェット・リー・・・主役。リュウ役。



ジェット・リーのカンフーはとにかく美しい。元々大会とかにも出てたくらいだから、基礎もしっかりしているからなんだろう。
顔立ちが童顔。笑うと可愛いです。
この役は笑顔が少ないけど。というか、コメディタッチの作品よりも、この役のようにクールな方が私は好きです。
表情変えずに悪人どもを倒していく様はめっちゃかっこいい (*≧∪≦)
この映画の時の髪型も合ってて好きです。

特にラストの敵に電話をかけて、わざわざ窓際に来させるシーン。
居場所確認したあと、携帯を捨てて、アジトに乗り込むところは無表情の中に怒りが隠れていて素敵。


   moblog_7b499dfe.jpgmoblog_4afcd8a8.jpg


そういえば、この作品に出てくる悪役のボス、チェッキー・カリョ。
かっこよくて良かった。

題名にもなっているキス・オブ・ザ・ドラゴン。
なんでこんな作品名なの?
ラブシーンなんてひとつもないし。
と、思って見てると最後に判明する真実。
ツボの名称(笑)

リュウはカンフーの腕前はもちろん一流だけど、実は他にも得意技が。
それは中国人ならではの針。
いわゆる医学的にツボに刺すアレです。
たまにカンフー映画でもそんな技を使って戦ったり、治癒したりするシーンがあるけど。
リュウもその知識があるのです。
で、最後に秘孔の禁断の技でカリョを倒す。それが「キス・オブ・ザ・ドラゴン」。
首のうしろに針を刺していました。
このシーンもかっこいい。

記事を書いていたら、また見たくなってきちゃった。
DVD持っているので今から見ようと思いますww




テーマ : ♥ 大好きな映画 ♥    ジャンル : 映画
 2020_02_29




08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.