童話って言えるのかどうか(笑) 
かなり昔に書いたものです。 


              名もない花 



 その花は不思議な色をしていた。 

 白ではない、黄色ではない、まるで光のような明るい色をしている。
 母のアリサは名もない花と呼んだ。花は太陽にかざすと目映いまで
 に光り、熱を発した。生い茂る青々とした木々を照らし、温かさを
 生んだ。
 また、野に生える雑草さえも生き生きと蘇えさせた。
 光はどこまでも伸び、大地や大空に自然の息吹を与えた。どこまで
 も温かくやさしい小鳥のさえずりのように。
 月の明かりに照らすと花は涙を流した。透明な、綺麗な涙を。その
 雫はやがて川となり、湖になった。
 地平線の彼方まで光り輝き、夜空に瞬く星たちよりも美しかった。

 ある晩、アリサはその花を摘んできた。

 ママ、この花どこから摘んできたの?

 遠い遠い所からよ。

 どうして、光ってるの?

 魔法の花なの。

 この花どうするの?

 火にかざしてちょうだい。

 マーサはそっと火にかざした。すると、火の粉が花に吸い付き、赤
 く燃え、やがて塊となって花びらから落ちた。落ちた火の粉の雫は
 地に着く前に小さな種に変わった。
 キラキラと光る種は、小さなマーサの手の平に乗ると、ぱっと消え
 た。まるで花火のように、一瞬にして散った。

 だめよ、マーサ。この銀のスプーンですくわないなと。消えてしま
 うのよ。

 アリサは赤いリボンのついた、冷たく光るスプーンを握らせた。
 そのスプーンで塊を拾うと今度は消えなかった。
 マーサはいくつもいくつもその種を拾い、透き通った袋に入れて
 いった。
 一杯になった種はより一層光りを反射させ、部屋中を照らした。
 その眩しさに目を開けているのも困難なほど、煌々としていた。

 さあ、その種を持って裏庭に行きなさい。そして全部埋めるのよ。

 マーサの頭を優しく撫でながら、アリサは言った。
 その不思議な種を持って裏庭へ行くと、夜空で踊るように散ってい
 た星々はなかった。真っ暗な中にマーサの持っている塊だけが神々
 しいまでの光りを放っていた。その光りを頼りにシャベルで土を掘
 ると、たくさんの種をばらまいた。優しく土を盛ると、その中から
 光りがこもれ出た。

 マーサはシャベルを持ったまま立ちすくんだ。この花はいったいど
 こに咲いているのか。
 ママはどうして、この花を摘んできたのか。
 暗闇の中に一陣の冷たい風が吹いた。
 身を凍らせるような、冷たい風が。
 マーサは身体を縮めた。ギュッと飛ばされないように、強く強く小
 さな身体を抱き締めた。

 ぞくり、ぞくり、得体の知れない怖さがマーサの身体を駆け巡った。
 土からこもり出ていた明かりが、すっと陰った。
 マーサは目をギュッと瞑った。ぶるぶる震える身体を冷たくなった
 指でつねった。

 マーサ

 アリサの声が冷たく響いた。まるで氷のように。風のように。冴え
 冴えとした空気になった。
 マーサは出そうになる声を唇を噛んで耐えた。後ろを振り向いては
 いけない、ただそれだけを心で呟いて。

 マーサ

 さっきよりも、より一層冷え冷えとした声が降ってくる。
 まったく振り向かない娘に、哀しそうに頬笑みながら、アリサは手
 にしていた名もない花をそっと地に置いた。

 ママ、もう行かなくちゃいけないの。ごめんなさいね。

 闇に響いたその声は儚さを含んでいた。
 マーサは目に涙を浮かばせながら、必死で祈った。

 ビュウっと強い、強い風が吹きすさび、地に置かれていた光りの花
 が散った。音もなく、そっと。跡形もなく、まるで最初から存在し
 ていなかったように、静かに。
 風に舞って闇に溶けた。
 マーサは堪らず、振り返った。

 ママ!

 そこにはただ闇だけがあった。

 何日かして、蒔いた種は花となった。
 朝も昼も夜も、その名もない花は咲き続けた。



 なんだか、よく分からない話になってしまった(笑)
 この母親は何をしてしまったのか。そしてどこへ行ってしまったの
 か。花はいったいなんなのか。
 全て謎だらけのへんてこな話だけど、童話仕立てだから(笑)
 
 お粗末様でした!
         

スポンサーサイト



テーマ : 児童文学・童話・絵本    ジャンル : 小説・文学
 2019_12_03




08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.