今日は観た映画の紹介&感想です。
今回もバッチリ、ネタバレしてるので気を付けて下さい。




   オリエント急行殺人事件


     監督:ケネス・ブラナー
     出演:ケネス・ブラナー、ペネロペ・クルス、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー
     製作国:アメリカ


  moblog_bc7cb5d9.jpg



〇あらすじ

エルサレムで事件を解決した私立探偵のエルキュール・ポアロが乗車していたオリエント急行の車内で殺人事件が発生する。

被害者はその前日にポワロに身辺警護を依頼してきた大富豪、エドワード・ラチェットであった。ラチェットは12カ所を刺されて死亡していた。

ポアロが聞き込み調査を実施したところ、乗客乗員の全員にアリバイがあったことが判明する。

事件の捜査は暗礁に乗り上げたかと思われたが、ポアロは天性の直観と丹念な推理で事件の真相を暴き出していく。

しかし、衝撃の真相を前にしてポアロは懊悩することになる。真実を優先すべきなのか、それとも、正義を優先すべきなのかと。

やがて、彼はある決断を下すことになる。 




本作は1934年アガサ・クリスティが発表した小説『オリエント急行の殺人』を原作としている。

言わずと知れたクリスティの名作。「灰色の頭脳」を持った髭が特徴のエルキュール・ポアロの探偵もの。原作においては、8作目の作品。

でも実はまだ読んでないので、大筋の内容しか知らずに先に映画を見ました。

豪華キャストのお陰で 、ゴージャス感はたっぷり。

ジョニー・デップの憎々しい悪役さも良かった。ケネス・ブラナーはさすが古典劇巧いし。

脇を固める俳優陣も有名な人ばかりだから安心して楽しめる。


最後のポアロの犯人を告げた辺りから涙が止まらず。

悲劇の事件が発端。子供を誘拐されただけでなく、殺され、終いには両親も死んでしまう。そんな事件の復讐。

ひじょうに居た堪れない。

犯人は乗り合わせた乗客全員。みんなその一家、またはそれに関わる人たちの縁者たち。

ポワロは悩む。

正義の名の元に犯人を警察に告げるべきなのか、隠蔽するべきなのか。

人として自分は裁けるのか。

結局彼はそれを告発せず、彼らの罪を見逃すことに結論づける。そこには深い葛藤があったのだろう。

でも、私でも同じことをしてしまう気がする。

これが「相棒」の右京さんなら迷わず捕まえるのだろうけど。

ポワロは弱さも見せる、ある意味人間味のある探偵なのだ。


この映画の評価はなぜだかそんなに高くないらしいけど、私的には良作だと思う。

闇と悲しみから囚われたままの犯人たち。

復讐を遂げてもきっと癒されはしないだろう。

もしかしたら、罪として捕まえてあげた方が救われるのかも知れない。

でも、ポアロはあえてそれをしない。


ポワロが最後、警察には真実は告げないと犯人たちに言っても、彼らはひとりも喜びや感謝の言葉を口には出さず、重い空気の中に佇んでポワロを見送る。

結局復讐とは悲しみしか残らないのだということか・・・。


それにしてもポワロ。恐るべし!!

少しのヒントで乗客全員が知り合いということを看破してしまうのには舌を巻く。

右京さん並みだ(笑)

いやそれ以上かも。だって、現場から移動できないわけだし。時代的に携帯やパソコンなんてないわけだし。人物たちの過去なんてどうやって繋ぎ合わせられたの?!と不思議。

やっぱり「灰色の脳」だからなのか(笑)






スポンサーサイト



テーマ : 映画    ジャンル : 映画
 2020_05_31



今日は昔書いた詩の記事です。






   悲しみの理由


何も見えない
何も感じない
それが悲しい

あの頃の私には「何か」が
あった筈なのに
今は心が空っぽ

何も見えない
何も感じない

それが悲しみの理由






珍しく短めの詩。

「虚無感」

この感情は本当に厄介で。

せっかく上向きな心持ちでいたと思った矢先、突如ゲリラ豪雨のように降ってくるのです。
晴れ間は少なく、常に曇り空のような沈んだ心。
切り離すのが中々難しい。

けれど、立ち向かっていく武器はいつでも手にしている。そんな思いで生きていきたいものです。







テーマ : 詩・ポエム    ジャンル : 小説・文学
 2020_05_30



サザンの曲を紹介。
今日の歌は感動する一曲です。



   Ya  Ya(あの時代を忘れない) (1982)

      作曲・作詞:桑田佳祐

I  remember  younger  days
My  friends  and  family  and
There  were  tears  and  yes,  I  fell  in  love
If  I  could  only  go  back  once  more

胸に残る 愛しい人よ
飲み明かしてた なつかしい時 oh,  oh
秋が恋をせつなくすれば
ひとり身のキャンパス 涙のチャペル
ああ もうあの頃のことは夢の中へ
知らぬ間に遠く years  go  by

Suger,  suger,  ya  ya,  petit  choux
美しすぎるほど
Pleasure,  pleasure,  la  la,  voulez  vous
忘られぬ日々よ

互いにギター鳴らすだけで
わかりあえてた奴もいたよ
Oh もどれるなら in  my  life  again
目にうかぶのはbetter  days

とびきりすてきな 恋などもしたと思う
帰らぬ思い出 time  goes  by

Suger,  suger,  ya  ya,  petit  choux
もう一度だけ会えたら
Pleasure,  pleasure,  la  la,  voulez  vous
いつの日にかまた

Suger,  suger,  ya  ya,  petit  choux
美しすぎるほど
Pleasure,  pleasure,  la  la,  voulez  vous
忘られぬ日々よ 忘られぬ日々よ



  

本人ではないけど、この方の歌は素敵です。
色々あるコピーバンドの中では抜群ではないかと。
当時の桑田さんの高いしゃがれた声に割と近いと思う。




16枚目のシングル。
マツダMPV』CMソング。
タイトル「ya ya」の「ya」は英語で「you」と同じく「あなた、君」の意味で、親子、友人、恋人達などの親しい間でよく使われる。
イントロで女性の声で英語のナレーションが入り、これは歌詞に表示されていないが、カラオケなどでは文字が出る場合がある。
歌詞に登場する「better days」とは桑田らが青山学院大学で所属していた軽音楽サークルの名前で、大学構内の様子も描写されている。

カバーも色んなミュージシャンがしている。
とても素敵な曲。
シンプルでゆったりとしたバラード。
アフター・ビート・サウンドというのだろうか。
まるでノスタルジックな気分が味わえる。そして、後半の盛り上がる部分はまさに思い出が蘇るかのように感極まり、ホロリとさせてくれる。

桑田さんの大学時代。それは仲間とともに音楽に没頭してた青春。
当時一緒に音楽をやっていた仲間も就職し、違う道へと進んでいる。そんな仲間たちへの思い出と愛を歌った素晴らしい曲。
自分の青春時代を重ね合わせて聴くと、本当に切なくて、だけれど当時の楽しかったこと、嬉しかったこと、共有した時間、それらが走馬灯のように頭に蘇り、ノスタルジックな思い出に更けさせてくれる珠玉なバラードだ。

桑田さんの才能に範囲などはないと思わせてくれる歌でもあり、彼の豊かな感性が表立った名曲。
とても大好きな曲です。







テーマ : サザン    ジャンル : 音楽
 2020_05_29



橋本駅近くにあるカフェ「ZEBRA(ゼブラ)カフェ」
そこでランチ&お茶した写真がたまってるので載せます^^



moblog_0577212c.jpg

ちょっと隠れ家的な雰囲気が良い。


moblog_2c4632b3.jpg

長居するには椅子が固いので、程ほどの時間帯を潰すにはもってこい。



moblog_bbbd22a4.jpg

ある日のランチ。
ここの売りはなんといっても、この大きなクロワッサンサンド!
本当に大きいの。
ちゃんとお腹が空いてないと食べきれない (笑)
これは卵とエビかな。


moblog_7521631c.jpg

パニーニもある。
パン生地が美味しいからお気に入り♪



moblog_86ec75a4.jpg

コーヒーも美味しい💖



moblog_ae4d827b.jpg

これは中にベーコンが。
まあ、美味しいだけお値段もいい。
映画館の傍にある割にはひっそりとしていて、あまり混んでない。



moblog_3a5aa1ba.jpg

カップもカワ(・∀・)イイ!!
カフェラテも美味しい。
アートがハートになってる ♡

ここは禁煙のお店なので、煙草吸う人は我慢しなきゃいけない。
私は吸わない人間だから苦じゃないけど。
お母さんを誘おうかっていつも考えるけど、あの人煙草吸うからなぁ~
まだ秘密の場所(笑)

パンは買うこともできるので今度買ってみようか。
大きいのはいいけど、ちょい高めなのよね~・・・。





テーマ : パン    ジャンル : グルメ
 2020_05_28



日本のアーティストの中ではサザンがダントツに好きですが、海外もたまに聞きます。
今日は海外のアーティストから一曲選びたいと思います。

マライアキャリーの「ヒーロー」






   


   Hero (1993)

     マライアキャリー

There's a hero 英雄がいる
If you look inside your heart あなたが心の中を覗き込んだら
You don't have to be afraid 恐れる必要はない
Of what you are あなたが何者であろうと
There's an answer 答えがある
If you reach into1 your soul あなたが魂に達したら
And the sorrow2 that you know あなたの知ってる悲しみは
Will melt away3 次第に消えていくわ
And then a hero comes along4 そうして英雄がやってくる
With the strength to carry on5 続けていく強さをもって
And you cast your fears aside6 そしてあなたは恐れを捨て
And you know you can survive7 生きていけることに気付くの
So when you feel like hope is gone だから希望が消えさったと感じても
Look inside you and be strong 自分の中を覗けば、きっと強くなれる
And you'll finally see the truth そして最後に真実に気づくわ
That a hero lies in you 英雄はあなたの中にいる
It's a long road それは長い道のり
When you face the world alone 世界に一人で立ち向かったなら
No one reaches out8 a hand 誰もその手に届かない
For you to hold あなたが握るための
You can find love 愛を見つけることができる
If you search within yourself もし自分自身の中に見いだせれば
And the emptiness9 you felt そしてあなたが感じてた空しさは
Will disappear10 消えていくわ
And then a hero comes along そうして英雄がやってくる
With the strength to carry on 続けていく強さをもって
And you cast your fears aside そしてあなたは恐れを捨て
And you know you can survive 生きていけることに気付くの
So when you feel like hope is gone だから希望が消えさったと感じても
Look inside you and be strong 自分の中を覗けば、きっと強くなれる
And you'll finally see the truth そして最後に真実に気づくわ
That a hero lies in you 英雄はあなたの中にいる
Lord knows 神様は知ってる
Dreams are hard to follow 夢を追っていくのは険しい
But don't let anyone けれど誰かに任せたりはしないで
Tear them away 彼らを引き離すの
Hold on11 喰らいついて
There will be tomorrow 明日があるわ
In time12 やがて
You'll find the way あなたは道を見つける
And then a hero comes along そうして英雄がやってくる
With the strength to carry on 続けていく強さをもって
And you cast your fears aside そしてあなたは恐れを捨て
And you know you can survive 生きていけることに気付くの
So when you feel like hope is gone だから希望が消えさったと感じても
Look inside you and be strong 自分の中を覗けば、きっと強くなれる
And you'll finally see the truth そして最後に真実に気づくわ
That a hero lies in you 英雄はあなたの中にいる
That a hero lies in you 英雄はあなたの中にいる
That a hero lies in you 英雄はあなたの中にいる

英語と和訳も載せてみました。






そういえば日本でも中山美穂が昔和訳バージョンで歌っていた気がします。

マライアの声好きです。
人によってはあまり上手くないという話を聞きますが、私は上手いと思うんだけどなあ。
彼女の歌の中でこの曲が一番好き。

「英雄はあなたの中にいる」

いい言葉ですね。








テーマ : 心に沁みる曲    ジャンル : 音楽
 2020_05_27



本日は自作の詩です。






   願い


貴方がいるから
貴方が頑張っているから
だから私も頑張る

貴方を見ていると
私はなんてちっぽけな存在だろう

することもせず
やれることもしないで
大きなことばかり言い
大人振っている
夢は大きく
破れては落ち込み
落ち込んでは泣いて
中途半端で未熟な私

だから貴方を見ると
泣きたくなる

己の弱さに
己の醜さに
涙が溢れる

貴方の姿を励みにしたい

生きている限り
例え傍にいなくても
私は貴方を想うだけで
強くなれるから
荒波に叩きつけられる
岩のように

貴方のように頑張りたい

貴方のように誠実に

それが現実(いま)の私の願いだから






人の素晴らしいところや頑張っている人、それによって輝いて見える人というのは、心が救われたり、励みに感じたり生きる希望になったりします。
時には憧れになり、目標にすることも。

でも、その上向きな感情とはまた別により卑屈に感じたり、自己嫌悪したり、苦しく辛くなる負の感情も芽生えたりする。
私はその負の感情の方が若干勝っているような根暗女ですが(笑)

願う向上心と嫌悪する卑屈さ。
もっと楽天的になれれば楽なのにねえ。

でもやっぱり心の中の拠り所にして、プラス思考で生きていきたいと思う^^






テーマ :    ジャンル : 小説・文学
 2020_05_26



大好きなアリス。
読書感想です。





   ☆鏡の国のアリス

      作者:ルイス・キャロル


◎あらすじ
暖炉の上の鏡を潜り抜け、アリスはまたまた奇妙な冒険に飛び込んだ。
おしゃべりをする花たち、編み物をするヒツジ、ハンプティダンプティ、ユニコーン、赤の女王などなど。鏡の国を彷徨っていると、次々に不思議な住人たちがあらわれて、気がつくとアリス自身も女王さまに。




不思議の国のアリスの続編。
前作では不思議の国を冒険した少女アリスが、今作ではを通り抜けて異世界に迷い込む。
前作と同様、文中には様々な言葉遊びやパロディがちりばめられているが、即興で作られた話がもととなっている前作とは異なり、はじめから出版を意図して作られた今作の物語はより知的な構成がとられており、アリスをはじめとする登場人物たちはチェスのルールに従って、桝目で区切られた鏡の国の中を行き来する。 

また今作ではハンプティ・ダンプティトゥイードルダムとトゥイードルディーといった、マザー・グースに由来するキャラクターが登場するほか、ナンセンス詩の代表作として知られる「ジャバウォックの詩」が作中作として登場する。
前作同様、ほかにも多くの詩と童謡が作中に挿入されている。

不思議の国とはまた違った世界観が面白い。チェスというアイデアも面白く、頭の良さが伺える。
相変わらず言葉遊びにひねりがあり、全作よりも難易度が上がっているものの楽しめる一冊。
子供が楽しめる作品だけど、言葉のウィットさとかダークユーモアといい、大人も十分に楽しめる。

チェスのルールを基にして、鏡という現実とは対の世界をもつしっかりとした構成になっている。
ここではアリスは白のポーン(歩)として参加し、女王になるまでの「詰め」の過程を示している。

マザーグースを適用しているのも楽しいし、キャラクターたちもそれぞれ濃い性格をしていてそれだけでも読んでいてワクワクする。
子供の頃はしょっちゅうアリスのような世界に行ってみたいと思っていました。
あとピーターパン(笑)

夢と冒険はセットですね。
アリスのような夢を毎日見ることができたら、こんなに眠るのが楽しくて、待ち遠しいことはないのになぁ。







テーマ : ファンタジー小説    ジャンル : 本・雑誌
 2020_05_25



今日は大好きなジェット・リーの映画の紹介と感想を。
ネタバレありまよ^^



   ウォーロード 男たちの誓い (2007)


     監督:ピーター・チャン
     出演:ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武ほか。
     製作国:中国


  moblog_1268389b.jpg


☆あらすじ
19世紀の中国。太平軍との戦いで1,600人の兵士を失った清の将軍、パン(ジェット・リー)。街に出たパンは盗賊のリーダーのアルフ(アンディ・ラウ)、その養子のウーヤン(金城武)と出会い、昨夜ともに過ごしたリィエン(シュー・ジンレイ)がアルフの妻と知る。アルフとウーヤンは清軍に入り、3人は義兄弟の契りを結ぶことになるが……。




香港や台湾の映画賞を総なめにした歴史アクション・ドラマ。
清朝末期、太平天国の乱での実話を基に、男たちの友情と裏切りをダイナミックに描いている。血なまぐさい激しい戦場シーンが沢山あり、とてもリアルな演出。
ジェット・リーも複雑な感情を抱える役柄でこれまでにない繊細な演技を披露している。

清末四大奇案の一つである馬新貽殺害事件をモチーフとしている。
馬新貽(ばしんい)は官僚で、張文祥によって衆人環視のもと刺殺された。
張文祥は処刑されたが原因は不明に終わったため、馬新貽の暗殺は清末四大奇案の1つとして数えられ、演劇・映画・テレビドラマの題材として幾度かとりあげられている。
この映画の中では役名は違うけど、馬新貽がジェット・リー、張文祥を金城武が演じている。

男同士の厚い友情の話かと思いきや、ひじょうに複雑な関係を描いている。
パンは正義心もあり、勇気もあるけど戦をする上で規律を重んじ、冷酷さもある。
アルフは盗賊の長という立場から仲間思いで義があるが、感情のままに動いてしまうところがある。
ウーヤンは二人を慕って、純粋さと義理堅さがある。
そんな三人が義兄弟の契りを交わす。
原題は「投名状」。
これは契る際の儀式?のよう。作品の中では通りすがりの人間をそれぞれが殺し、なにがあっても裏切らない、裏切りがあったら殺すという血の契りを結ぶ。

だけど、戦に勝って、成功を治めていくうちに段々とパンとアルフの考え方の違いが見えてくる。さらにパンはアルフの妻と密通を繰り返し、それもひとつのきっかけでとうとうアルフを罠に嵌めて殺めてしまう。
パンがひとりでアルフの死を悼み、酒を飲むシーンは胸が痛くなるが、一番不幸だったのはこのアルフだ。結局妻の不義も知らないまま、パンの差し金とは知らずに息絶えてしまう。その姿は痛々しい。
主人公のパンよりも気持ちが肩入れしてしまうような人物だ。最後まで疑うことなく死んでしまうのはあまりにも悲しい結末。
その死を妨げられなかったウーヤンによって、最後はパンも殺されてしまう。正確には、パンも皇帝から差し向けられた銃弾により倒れるけど、最終的に命を奪ったのはウーヤンで、その彼も投獄され、処刑されてしまう。
アルフの妻もウーヤンが殺してしまい、結局誰も救われない物語。

ジェット・リーが出演していても残念ながらカンフーシーンはない。
まあ、戦闘シーンは沢山あるのでそこで彼の勇姿を見ることはできるけど。
わずかだけど、接近戦もあるので、カンフーではないけど、彼のキレのある動きは堪能できる。
しかも、私の好きな無表情(笑)


   moblog_f8445ece.jpg







テーマ : 中国映画    ジャンル : 映画
 2020_05_24




今日はサザンの曲紹介です^^
全詩、英語です。



   走れ!!トーキョー・タウン (1982)


       作曲・作詞:桑田佳祐


Drivin`  through  my  Tokyo  town
Let  me  tell  you  want  some  fun?
Everything  is  alright,  tonight  tonight

You`re  my  angel,  Pulsar
And  they  say  you  looks  so  pretty,  too
Wondrin`  why  we  could  do  it,  tonight

See  my  baby  tryin`  so  hard
Gonna  get  my  kicks  to  start
I  don`t  wonna  go  back,   tonight  tonight

You`re  taking  care  of  your  style
Shall  we  never  be  apart
I  don`t  know  how  much  I  care  tonight

A  garden  needs  flowers
Like  a  man  needs  a  woman`s  love
I  love  you,  pulsar
Like  an  hour,  an  hour  needs  seconds  too
Beautiful,  beautiful  you
Beautiful,  beautiful  you
Everybody  turn  to  see
This  beautiful  my  hot  new  car

Don`t  you  ever  ask  me  why
Though  I  never  treat  you  right
`Cos  I`m  gonna  be  close  to  your  heart  your  heart

All  day  long  I  need  you
No  matter  what  you  gonna  say
It`s  alright  just  to  be  with  you

Drivin`  through  my  Tokyo  town
Let  me  tell  you  want  some  fun?
Everything  is  alright,  tonight  tonight
You`re  my  angel,  Pulsar
And  they  say  you  looks  so  pretty,  too
Wondrin`  why  we  could  do  it,  tonight
A  garden  needs  flowers
Like  a  man  needs  a  woman`s  love
I  love  you,  pulsar
Like  an  hour,  an  hour  needs  seconds  too
Beautiful,  beautiful  you
Beautiful,  beautiful  you
Everybody  turn  to  see
This  beautiful  my  hot  new  car

Everybody  turn  to  see
This  beautiful  my  hot  new  car


   

   本人のものでないけど、YouTubeにあったので。


  
(直訳)
私の東京 町を通してのドライブ
私にあなたが若干の楽しみを望むと言わせるの?
すべては、問題ないわ(今夜 今夜)
あなたが、私の天使(パルサー)よ
そして、彼らは、あなたがとてもかわいく見えもすると言うの

今夜、我々がそれをすることができた  
今夜 今夜、戻るほど激しく、私の赤ちゃんがスタートへの
私のキックを得に行っているのを見て

あなたのスタイルを引き受けている
決して離れていなくしましょうか
私が、私が今夜どんなに気にかけるか知っている
庭は、花を必要とする
男性が愛を必要とするように、
私は、あなた(パルサー)を愛している

1時間のように、1時間は数秒があまりに美しいことが必要。
そして、美があなた
美しい、美しいあなた
皆さん、わかるために、回って

この美が、私の熱い新車よ
あなたがこれまでに私に理由を尋ねる
私が正しくあなたを決して扱わないけれども、
あなたの愛情の近くにあなたの心でありそうな

一日中、私はあなたを必要とするわ
あなたがたとえ何であろうとも、言いにいく
ただあなたとあるために問題ない
私の東京の町を通してのドライブ

私にあなたが若干の楽しみを望むと言わせるの?
すべては問題あいわ、今夜 今夜 
私の天使、パルサーと彼らはあなたがとてもかわいく見えると言う

我々がそれをすることができたの
男性が私が好きである愛を必要とするように
庭が必要とする
今夜、花が咲いてあなた、時間のようなパルサー、
あまりに美しい1時間、美しいあなた美しい、
美しいあなた

誰でも私の熱い新車がこんなに美しいのを見るために回る
皆さん、わかるために、回ってください
この美が、私の熱い新車よ




桑田さん出演の日産パルサーCMソング 
サザンのシングル曲としては初の全英語詞曲。
歌詞にもタイアップの商品名の『Pulsar』が登場する。
トーキョーとはもちろん東京のことであり、「走れ!!」とはCMのイメージ通りで東京の街を走れ、といった意味であり、歌詞は全面的に「パルサー」という車を女性になぞらえて賞賛するような内容になっている。

直訳しか分からないから、ちょっと意味不明な感じだけど (T_T)
車を女性に例えて、褒めたたえている歌詞。
このCMのために書いたものだろうから、変に訳さずに聴いた方がかっこいいのかも。









テーマ : サザン    ジャンル : 音楽
 2020_05_23



自作の詩。
昔の作品です。





   幸せ


今を生きている青年よ
羽ばたくがよい

その大きな翼でもって
夢に向かって真っすぐに

私はただ見守ることしか
できないけれど

それでも願う

貴方が幸せであるようにと






昔、喫茶店でアルバイトしてた頃仲良かった男の子が俳優になりたいという夢を持っていました。
その時に書いた応援詩。

結局その子は今は普通の家庭を持っているパパになっちゃったけど。







テーマ :    ジャンル : 小説・文学
 2020_05_22




04  « 2020_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.