今日は前回の続きの百人一首の紹介です。

本日は4首目。
私の好きな歌です。






田子の浦に  打ち出でてみれば  白妙の  ふじの高嶺に  雪は降りつつ



                      山部赤人



(意味)
田子の浦に出かけて遠くを眺めると、真っ白な富士山の山頂に、しきりに雪が降っていることだよ。



(解説)
冬に雪が積もる富士山を、田子の浦から眺めて詠んだ歌。



(作者)
山部赤人・・・奈良時代初期の代表的な歌人。
       三十六歌仙の一人でもある。自然の景色をよく詠んだ。



(ポイント)
平安時代の和歌や物語にも度々描かれる富士山。

昔の人々は、日本一高くそびえる富士山を、神の住む山と考えて信仰していた。
神秘的な姿が、神々しく感じられたのだろう。



(用語)
白妙・・・「白いもの」を導きだす枕詞梶の木などの木の皮の繊維で織った素朴な白い布

田子の浦・・・駿河国の歌枕静岡県富士市の田子の浦がその地とされているが、『万葉集』の「田子の浦ゆうち出でて見ればま白にぞ富士の高嶺に雪は降りける」の「田子の浦ゆ」は「田子の浦を通って」と訳すほかはないので、当時の田子の浦は、むしろ富士山が見えない山蔭(やまかげ)であったということになり、富士川河口の西、由比、西倉沢、薩埵山(さったやま)のあたりを考えるのが通説になっている。

現在、「田子の浦」とされているところは、富士山のすぐ南側、富士川河口の東側。
いっぽう、赤人の時代の「田子の浦」だと考えられている由比は、富士川河口の西側で、現在はパーキングエリアがある。



作者は田子の浦に訪れた時、遠くに見えた冬の富士山の景色に感動して、この歌を詠んだのだろう。
田子の浦と富士山は、離れた場所にある。
田子の浦から山頂を眺めても、雪が降っているかどうかまでは、本当は分からない。
赤人は富士山に雪がしんしんと降り積もる様子を心に描き、言葉にしたのだろう。
作者の感じ方を通して、雪化粧した富士山の姿が伝わってくるようだ。

彼はきっと心が豊かで、想像力のある歌人だったのだろう。そして、ロマンチスト。
見えない景色を想像して楽しんだのだろう。
富士山に雪。
清々しく、美しい光景。彼の思い描く想像力に同感する。



(要訳)
「冬の海辺から見える富士山は、綺麗だなあ。真っ白な雪が山頂に降っているよ」という歌。







ではまた次回。






       

スポンサーサイト



テーマ : 日本文化    ジャンル : 学問・文化・芸術
 2020_07_31



今日は映画の紹介と感想です。
ねたばれあります。





   決算!忠臣蔵 (2019)


     監督:中村義洋
     出演:堤真一・岡村隆史・濱田岳・妻夫木聡ほか。
     製作国:日本



   moblog_c297c040.jpg


〇あらすじ
1701年、赤穂藩藩主・浅野内匠頭が江戸城・松之廊下で刃傷騒ぎを起こし、浅野家お取り潰しと内匠頭の即日切腹が決まる。
筆頭家老・大石内蔵助(堤真一)はお家再興のために幕府へ働きかけるが、その思いは断たれてしまう。江戸の庶民たちは吉良上野介へのあだ討ちを熱望するが、討入りするにも多額のお金が必要だった。




普通、忠臣蔵といえば泣ける要素たっぷりの人情もので有名だけど、この作品は笑える要素もたっぷり含んだユーモラスな作品だ。
実に斬新で面白い。
まず発想がいい。まさか、予算から見た忠臣蔵なんて。今までこんな発想すら頭に思い描いたことがなかった。
金銭的に余裕がなかったという話はもちろん聞いたことはあったけど。
浪士たちが金銭に困り果て、女房を身売りしたり、生活のために致し方なく、他へ仕官したりとか、そういう場面は今までもドラマや映画ではあったけれど。

これほど切り込んで描いたのは初だろう。
ちゃんとシリアス場面もあり、見応えも充分。
堤さんの大石も中々良い。
大勢いた家臣たちを47人まで絞る苦肉の策とか、勘定方の金銭面での苦労とか、それをまとめる大石の苦労とか、中々楽しめる映画だった。

忠臣蔵の歴史を学ぶためだけではなく、内面から眺められる面においても、当時の金銭感覚や使い方も学べて見る価値は大いにあるのではないかと思う。
笑いあり、涙あり。とてもいい映画だった。






テーマ : 観た映画感想    ジャンル : 映画
 2020_07_30



今日は昔書いた詩です。

花言葉シリーズ。






   はなみずき


ああ!
どうか
私のこの想いを
受け止めて下さい

あなたが恋しい
心があなたを
欲している

私はあなたに
恋をしています

あなたは
はなみずきの
花言葉を
知っていますか

‘私の想いを受け止めて下さい‘

ああ!
恋しい人




はなみずきは4月23日の花です。


   moblog_334eec8f.jpg


花言葉は「私の想いを受け止めて下さい」

少し情熱的な詩にしてみました^^





テーマ :    ジャンル : 小説・文学
 2020_07_29



サザンの楽曲紹介。
まだまだ初期の頃の曲。



  Japaneggae(Sentimental) (1984)

     作曲・作詞:桑田佳祐

Smiles  can  hide  the  tears  that
eyes  persued
Holding  back  the
pleasure  of  the  mood
Afraid  to  show  emotion
I  walk  the  danger  zone
And  live  my  love  alone

By  command  turn  the  hands  of
time
And  review  the  past  I  left
behind
Tom  between  the  pages
What  have  I  become
Can  I  still  love  someone?

Every  man  can  build  a  wall  that
never  tumbles  down
I`d  rether  take  a  stand
on  sentimental  ground
All  I  need  is  the  power  to  get
persuade
And  the  sound  of  a  serenade

It`s  sentimental  now  what  I`ve
been  thinking  of
It`s  sentimental  now  god
everything  but  love

I  realize  what
compromise  can  do
Tenderness  is
a  breaking  point  for  two
I`ll  search  and  when  I  find  it
The  hurt  and  pain  I`ve  known
Will  leave  the  danger  zone

Every  man  can  build  a  wall  that
never  tumbles  down
I`d  rether  take  a  stand
on  sentimental  ground
All  I  need  is  the  power  to  get
persuade
And  the  sound  of  a  serenade

Love`s  a  sentimental  interlude
愛苦ねば世も知・・・



    

英語版は探したけど、コピーする人もいないみたい?
なんか、ずいぶん可愛くて、笑ってしまう。
もはや別物だけど。




アルバム『人気者で行こう』収録の「JAPANEGGAE (ジャパネゲエ)」を全英語詞に直した曲。
元々「JAPANEGGAE」の原曲も文法を無視したデタラメな英語だったが、それをきちんとした英語に直した曲になった。
歌詞カードでは最後の歌詞が「Love is sentimental...」と記載されているが、この部分はオリジナル版と同じく「愛苦ねば世も知…」と歌われている。
なお、歌詞だけそのまま変えたわけではなく演奏も別テイクで微妙に変わっているため双曲は演奏時間が異なる。
ちなみに作曲者の表記はKeisuke Kuwataだが、原曲である「JAPANEGGAE (ジャパネゲエ)」では桑田佳祐となっている。A面同様、現在でもシングル盤にのみ収録。

貴重な英語版。
シングルにしか入ってないので、英語バージョンが存在することを知っている人も少ないかも。
英語で歌われているのもかっこいいのです。
もともと日本語でも、この歌は造語が多く、聴いてる分には英語のように聞こえるのも特徴なだけに、英語で歌われても違和感はない。
むしろ、綺麗に聞こえる。

あえて、ここでは日本語の訳詞は載せないことに。
JAPANEGGAE (ジャパネゲエ)の曲紹介の時に日本語バージョンとして書こうと思います。








テーマ : サザン    ジャンル : 音楽
 2020_07_28



今日は読書感想です。

昔、確か高校生くらいかな。
その頃読んだ小説。






   ☆沈黙

      作者:遠藤周作

◎あらすじ

島原の乱が収束して間もないころ、イエズス会の司祭で高名な神学者であるクリストヴァン・フェレイラが、布教に赴いた日本での苛酷な弾圧に屈して、棄教したという報せがローマにもたらされた。

フェレイラの弟子セバスチャン・ロドリゴフランシス・ガルペは日本に潜入すべくマカオに立寄り、そこで軟弱な日本人キチジローと出会う。

キチジローの案内で五島列島に潜入したロドリゴは隠れキリシタンたちに歓迎されるが、やがて長崎奉行所に追われる身となる。

幕府に処刑され、殉教する信者たちを前に、ガルペは思わず彼らの元に駆け寄って命を落とす。ロドリゴはひたすら神の奇跡と勝利を祈るが、神は「沈黙」を通すのみであった。

逃亡するロドリゴはやがてキチジローの裏切りで密告され、捕らえられる。連行されるロドリゴの行列を、泣きながら必死で追いかけるキチジローの姿がそこにあった。

長崎奉行所でロドリゴは棄教した師のフェレイラと出会い、さらにかつては自身も信者であった長崎奉行井上筑後守との対話を通じて、日本人にとって果たしてキリスト教は意味を持つのかという命題を突きつけられる。

奉行所の門前ではキチジローが何度も何度も、ロドリゴに会わせて欲しいと泣き叫んでは追い返されている。ロドリゴはその彼に軽蔑しか感じない。

神の栄光に満ちた殉教を期待して牢につながれたロドリゴに夜半、フェレイラが語りかける。

その説得を拒絶するロドリゴは、彼を悩ませていた遠くから響く鼾のような音を止めてくれと叫ぶ。

その言葉に驚いたフェレイラは、その声が鼾などではなく、拷問されている信者の声であること、その信者たちはすでに棄教を誓っているのに、ロドリゴが棄教しない限り許されないことを告げる。

自分の信仰を守るのか、自らの棄教という犠牲によって、イエスの教えに従い苦しむ人々を救うべきなのか、究極のジレンマを突きつけられたロドリゴは、フェレイラが棄教したのも同じ理由であったことを知るに及んで、ついに踏絵を踏むことを受け入れる。

夜明けに、ロドリゴは奉行所の中庭で踏絵を踏むことになる。

すり減った銅板に刻まれた「神」の顔に近づけた彼の足を襲う激しい痛み。

そのとき、踏絵のなかのイエスが「踏むがいい。お前の足の痛さをこの私が一番よく知っている。踏むがいい。私はお前たちに踏まれるため、この世に生まれ、お前たちの痛さを分つため十字架を背負ったのだ。」と語りかける。

こうして踏絵を踏み、敗北に打ちひしがれたロドリゴを、裏切ったキチジローが許しを求めて訪ねる。イエスは再び、今度はキチジローの顔を通してロドリゴに語りかける。

「私は沈黙していたのではない。お前たちと共に苦しんでいたのだ」「弱いものが強いものよりも苦しまなかったと、誰が言えるのか?」

踏絵を踏むことで初めて自分の信じる神の教えの意味を理解したロドリゴは、自分が今でもこの国で最後に残ったキリシタン司祭であることを自覚する。 






17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説。

江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描いた。


宗教とは何なのか。

信仰とは何なのか。

その根本的な心の底を描いた素晴らしい作品。


頑な自分の持つ信仰心に純真に帰依している姿は確かに素晴らしいけど、逆にその深い思いが拒絶という行いにより、苦しみを生む。

聖職者としては辛く悲しい行為だろう。

だけど、私も迷わず踏み絵を踏むだろう。

形だけに拘らず、心の中の信仰は決して無くならないのだから。

今、目の前の苦しみを救ってあげれなくて、何が信仰なのか。

自分の言葉ひとつで、沢山の人たちの苦しみを救えるのなら踏み絵を踏むことになんの恥ずかしさがあろうか。


もしこの経験がなければロドリゴは本当の意味での悟りに到達できなかったに違いない。

文中でも語られているように、神は沈黙しているわけではない。

試練の中でロドリゴが真実に目覚めることを望んでいるのだ。

それに気づけた彼は、実は彼自身が一番救われたのかもしれない。


形ばかりに囚われない心。

本当の信仰心。

それは踏み絵を踏んだことぐらいでは消えるような単純なものではない。


そんなことを考えさせられた小説だった。







テーマ : 考えさせられる本    ジャンル : 本・雑誌
 2020_07_27



今日はWOWOWドラマで見た「震える牛」の感想&紹介を。
コロナの影響で自宅に居た時は何もすることがなかったので、たくさん映画やドラマを見ていました。






   震える牛


     放送局:WOWOW
     ジャンル:社会派サスペンス
     出演:三上博史・遠藤要・吹石一恵・佐野史郎、他。


〇あらすじ

田川信一は警視庁捜査一課継続捜査班の刑事。

ある日、田川は未解決の「中野駅前居酒屋強盗殺人事件」に疑問を抱き、捜査を開始する。

事件は5年前に発生。覆面姿の犯人が店員から金を奪い、店にいた獣医師暴力団関係者を殺害した。初動捜査での犯人像は金目当ての外国人だった。

被害者同士の面識はなく、それぞれひとりで待ち合わせ相手を待っているところだった。

地道な聞き込みを重ねた田川は、食肉加工会社ミートボックスにたどり着く。

さらに事件の直後、殺害された獣医師の部屋に空き巣が入り、2台のパソコンのみが盗まれていたことが発覚する。

田川は、犯人の真の目的は金ではなく、2人を殺害することだったのではないかと疑念を抱く。

そんな最中に田川は、ニュースサイト「ビズトゥデイ」の記者の鶴田真純と再会する。

鶴田も読者から得た情報をもとに、悪評のあるミートボックスの食品偽装疑惑を探っているところだった。

ミートボックスは八田富之が社長を務める精肉卸会社であり、加工肉をスーパーや居酒屋などに卸していた。どこよりも安い加工肉を販売することで業績を伸ばしていたが、それは驚愕の食品偽装によって実現されていたものであった。

牛100%を謳っておきながら、実態は豚鳥ウサギ馬食用ネズミ果ては何の肉かもわからないものまで混ぜており、それも腐った冷凍肉を安く仕入れて腐った部分を削り取りって入れていたもので、臭いをとるために化学薬品で洗浄したものをひき肉にしていたのである。

捜査を進める上で田川は、オックスマートがBSEの隠蔽に関わっていたことを突き止めるに至ったものの、確たる証拠が掴めずにいた。そこに何者かからの力が働き、捜査自体が頓挫してしまう。




   moblog_2135577b.jpg







相場英雄による推理小説。
BSE問題、食品偽装問題を扱った社会派サスペンス。

主演の三上博史は地上波ではとんと姿を現さなくなったけど、WOWOWでは結構出てて、いささかビックリ。久しぶりに見たけど、あんまり変わらない。
元々やや老け顔?だからなのか。

何年か前に話題になったBSE問題。
それにしても古田新太演じる八田が恐ろしい(笑)
あんなに手間かけて牛肉偽るなら、安くても本物使った方が楽なんじゃないか? と思わせるほど手の込んだ偽物作りはややコミカル分恐ろしさも倍だ。
あんなに色んな肉を掻き合わせて、果たして本当に美味しいのか?
いや、売れていたわけだから美味しいのだろう・・・。
実際こんなのが本当に市販で売られていたらおぞましくて、今後一切食べれなくなりそうだ・・・。

あらためて口に入れる食品の安全さを思い知るいい機会になった。
やはり偽造はいけない。うん。

見応え充分。WOWOWのドラマって面白いね~。
はまりそうです^^




     

テーマ : ドラマ感想    ジャンル : テレビ・ラジオ
 2020_07_26



本日は自作の詩です。

昔書いたもの。
花言葉シリーズです^^






   花畑~ローダンゼ


ローダンゼの花畑の中で
ひとりの少女が
遊んでいる

くるくる くるくる
両手を広げて回っている
太陽の光(ひかり)を
一身に浴びて
自然の恩恵を
一身に感じながら
少女は嬉しそうに
笑っている

髪にはローダンゼの花が
風に揺れながら
そよそよと
今にも天に
翔んでいってしまうかのような
白い服を着た少女

頭には
ローダンゼの花で作った
花冠が
光に照らされ
きらきらと
まるで天使のように
ひらひらと
舞い続ける
愛らしい少女

花畑の中を
いつまでも駆け抜けて

光輝に満ち満ちた
その笑顔

いつまでも大切に
していてほしい

夢に見た少女よ






夢落ち(笑)
憧れとか、願いとか。
そんな淡い気持ちが浮かんで頂けたらいいなと^^


ローダンゼは2月13日の花です。

花言葉は 「変わらぬ思い」「終わりのない友情」



  moblog_f3c1c492.jpg

こんな感じの花です^^





テーマ : 詩・想    ジャンル : 小説・文学
 2020_07_25



今日は大ファンの俳優、ドニー・イェンさんの作品紹介です。




   ☆画皮 あやかしの恋(2008)

     監督:ゴードン・チャン
     出演:ドニー・イェン、ジョウ・シュン、ヴッキー・チャオほか。
     製作国:シンガポール・中国・香港


 moblog_288a3db7.jpg


〇あらすじ
から漢にかけての時代。
将軍・王生(ワン・シェン)は合戦の最中、盗賊に捕らえられていた若く美しい女、小唯(シャオウェイ)を救出し、故郷に連れ帰る。
故郷には、王生と相思相愛の妻・佩蓉(ペイロン)が待っていた。
佩蓉に事情を話し、親切にも、身寄りのない小唯を屋敷に住まわせる事にした王生。
しかし、小唯は人間の姿をしたキツネの妖魔だった。
王生に恋をした小唯は様々な妖術で彼を幻惑し、佩蓉から妻の座を奪おうと企む。
小唯が町へ来て以来、町では人の心臓がえぐり取られる猟期的な殺人事件が頻発する。
小唯を不審に思った佩蓉は、彼女が魔物で猟奇的な事件の犯人なのではないかと疑い、
結婚前に仲の良かった龐勇(パン・ヨン)に相談するが…。




※ドニー・イェン・・・パン・ヨン役


中国代の怪異譚『卿斎志異』の中の一話「画皮」を改編映画化したアクション・ファンタジー映画。
残念ながらこの作品では主役ではない。
場面によって、コメディ要素があったり、サスペンスフルなホラーにも見えたり、ハードなアクションがあったりしつつも、主軸は色恋沙汰中心のメロドラマという、実に香港映画らしいバラエティーに富んだ内容。

最初の登場シーンが戦闘で、めっちゃかっこいい! 無敵!!と感動したのに、突然旅に出ていってしまう(笑)
どうやら失恋が原因のようで・・。それから時が経ちまた戻ってきたところで昔の恋人から相談を受けることに。
まだ惚れているようで、彼女の言葉を信じ助けようとする。
彼の役には珍しい少し軟弱な雰囲気の性格。コミカルなところもあり、人間味がある。


moblog_feeb695b.jpg



moblog_c9117219.jpgmoblog_7cd13080.jpg

私が思うに、ドニー・イェンは短髪もいいけど、こういう髪型がめっちゃ合うと思う^^
日本でいうところの時代劇の鬘と一緒なのかな。
清の時代の髪型なわけだから。

人間相手には無敵だけど、さすがに妖怪相手ではそうはいかず、一度死んでしまうけど、最後は生き返る。ファンタジー!
ワンはとても一途で、あんなに魅力的なシャオに目もくれない。奥様一筋。でも、ペイロンは不安で夫をいつも疑ってばかり・・。
妖魔とはいえ、シャオもとても一途で情熱的で可愛い。こんなに人間を好きになってしまって可哀想にと思わず同情してしまう。結局最後は二人の愛の絆に負け、死んでしまうし。

なかなか面白い映画だった。








テーマ : ドニー・イェン    ジャンル : 映画
 2020_07_24



ミステリー以外の小説の感想。
昔読んだ本です。
有名な羅生門。






   ☆羅生門

     作者:芥川龍之介


◎あらすじ

背景は平安時代飢饉辻風竜巻)などの天変地異が打ち続き、都は衰微していた。

ある暮れ方、荒廃した羅生門の下で若い下人が途方に暮れていた。

下人は数日前、仕えていた主人から解雇された。生活の糧を得る術も無い彼は、いっそこのまま盗賊になろうかと思いつめるが、どうしても「勇気」が出ない。

そんな折、羅生門の2階に人の気配を感じた彼は、興味を覚えて上へ昇ってみた。

楼閣の上には身寄りの無い遺体がいくつも捨てられていたが、その中に灯りが灯っている。

老婆松明を灯しながら、若い女の遺体からを引き抜いているのである。

老婆の行為に激しい怒りを燃やした下人はを抜き、老婆に襲いかかった。

老婆は、抜いた髪でを作って売ろうとしていた、と自身の行いを説明する。

さらに彼女はこう続ける。「抜いた髪で鬘を作ることは、悪いことだろう。だが、それは自分が生きるための仕方の無い行いだ。ここにいる死人も、生前は同じようなことをしていたのだ。

今自分が髪を抜いたこの女も、生前に干物干魚だと偽って売り歩いていた。

それは、生きるために仕方が無く行った悪だ。だから自分が髪を抜いたとて、この女は許すであろう。」と。

髪を抜く老婆に正義の心から怒りを燃やしていた下人だったが、老婆の言葉を聞いて勇気が生まれる。そして老婆を組み伏せて着物をはぎ取るや「己(おれ)もそうしなければ、餓死をする体なのだ。」と言い残し、漆黒の闇の中へ消えていった。

下人の行方は、誰も知らない。 






最初に読んだのは中学生の時の国語の時間。

衝撃的な内容に心を鷲掴みされたのを今でも覚えている。


今昔物語集』の本朝世俗部巻二十九「羅城門登上層見死人盗人語第十八」を基に、巻三十一「太刀帯陣売魚姫語第三十一」の内容を一部に交える形で書かれたものである。

生きるための悪という人間のエゴイズムを克明に描き出している。


悪とはなんなのだろう。

生きている人間から髪や服を奪うのは完全に犯罪行為だけど、死んでいる人間から奪って生きるため仕方なく行うこと、これも完全に悪と言い切れるのか。

細かいことをいえば犯罪名が付いているのだろうけど、ここでいう悪とは生きているか、死んでいるかの違いだ。

老婆の言葉で勇気を得てしまった下人。しかも生きている老婆から服をはぎ取ってしまう。

これは完全に悪の所業であろうが、彼の行為は、勇気というよりも腹をくくったといった方が納得できるかもしれない。


生きていくための所業。最初は正義感で老婆を叱責するも、自身のエゴイズムを後押しされてしまい、結局は悪に手を染めてしまう。

私だったら?


職もなく、今日食べるものもなく、住む場所さえもしない状況下であったなら?

やはりこのふたりのように盗んだかもしれない。

人間というのは自分勝手な生き物だ。

なんにでも理由をつけて正当化しようとする。


「生きていくため」

こんな言葉を用意されたら許してしまう罪もある。

まさしく老婆のように罪であっても同情心でもって許されてしまうだろう。

そんな老婆に触発されて下人は「なら自分も」と思ってしまった上で悪に走ってしまう。


生きていくための「悪」

ひじょうに考えさせられる内容の作品だ。









テーマ : 人生を学ぶ本    ジャンル : 本・雑誌
 2020_07_23



サザンの曲紹介^^
桑田さんお得意の英語歌詞です。




    Tarako (1984)

      作曲・作詞:桑田佳祐

I  stare  into  the  mirror
Flashback  on  us  together  
Warm  nights,  moonlight  surrender
Right  now,  it`s  all  stormy  weather

Rain`s  falling  again
Here  comes  a  tear  for  my  distant  lover
Pain`s  not  home  when  I  need  to  share  my  love

I  miss  the  tender  moments
Wish  I  could  call  and  tell  her
I  swim  in  deep  emotion
I`d  drown  without  my  umbrella

Rain`s  falling  again
Here  comes  a  tear  for  my  distant  lover
Pain`scalling  again
What  can  I  do  `cause  I  just  can`t  forget  her  love

I`m  packing  my  bags  tonight
Turn  to  the  wind  and  chase  the  sound  of  thunder
How  can`t  I  make  it  right
When  she`s  gone  from  me
Oh,  oh,  she  let  go,  but  I`m  holding  on
And  I`m  still  looking  through  the  window  pane

I  walk  into  the  sunlight
Another  lonely  morning
Day  breaks  and  feels  the  danger
Heartbreaks  without  any  warning

Rain`s  falling  again
Here  comes  a  tear  for  my  distant  lover
Pain`s  calling  again
She`s  not  home  when  I  need  to  share  my  love

I`m  packing  my  bags  tonight
Turn  to  the  wind  and  chase  the  sound  of  thunder
How  can`t  I  make  it  right
When  she`s  gone  from  me
Oh,  oh,  she  let  go,  but  I`m  holding  on
And  now  there`s  nothing  left  for  me  to  do

Oh,  rain`s  falling  again
Here  comes  a  tear  for  my  distant  lover
Pain`s  calling  again
She`s  not  home  when  I  need  to  share  my  love

Rain`s  falling  again
Here  comes  a  tear
Pain`s  calling  again
What  can  I  do

(日本語訳)
鏡を見つめる
一緒に私たちにフラッシュバック
暖かい夜、月明かりの降伏
今、それはすべて荒天です
再び雨が降る
遠い恋人への涙
痛みの呼び声
私は私の愛を共有する必要がある時、彼女は家ではありません
優しい瞬間が恋しい
電話して彼女に伝えたい
感動して泳ぐ
傘なしで
再び雨が降る
遠い恋人への涙
痛みの呼び声
彼女の愛を忘れられないから
今夜荷物を包装します
風に向かって、雷の音を追いかけます
どうすれば正しくできませんか
彼女が私からいなくなった時
ああ、ああ、彼女は手放したが、私はしがみついている
そして、私はまだウィンドウペインを通して見ています
日光の中を歩く
別の孤独な朝
休憩と危険を感じる
警告なしの失恋
再び雨が降る
遠い恋人への涙
痛みの呼び声
私は私の愛を共有する必要がある時、彼女は家ではありません
今夜荷物を包装します
風に向かって、雷の音を追いかけます
どうすれば正しくできませんか
彼女が私からいなくなった時
ああ、ああ、彼女は手放したが、私はしがみついている
そして今、私にできることは何もありません
ああ、再び雨が降る
遠い恋人への涙
痛みの呼び声
私は私の愛を共有する必要がある時、彼女は家ではありません
再び雨が降る
涙が出る
痛みの呼び声
私に何ができる


 
  

本人ではないです。





21枚目シングル。
「Tarako」というタイトルはタイトル提出の締め切り直前になって合宿先のテーブルに置いてあったリトル・トーキョーで購入したたらこのふりかけを見て、「アナーキーな感じがあっていいかも知れないな」と思ってつけたのが所以であり、楽曲や歌詞との関係は一切ない。
2015年に桑田さんは「この曲はあまり好きではない」と発言しており、その理由は英語の発音がメチャクチャだからと述べている。

シンガーソングライターでサザンのファンである平井堅は、小学6年生の時に自分のお小遣いで初めて買ったCDとして挙げており、英語詞の曲を聴いたことがなく、かっこいいと思って買ったことを覚えているという。
作詞に関しては、桑田さん単独ではなく、 Tony Haynesと共同で作られた。
青学行ってたくらいだから、英語は堪能なんでしょうね。

私はこの曲好きですけどね。
英語分からないから発音も分からない(笑)
デジタル・ビート生かしたマイナーのロック・ナンバー。
ストイックな空気感が強い楽曲。
ザ・ロック!! そんな雰囲気の強いかっこいい曲だ。
桑田さんの声で歌う英語は本当にかっこいい。
まさにシビれるナンバーだ キャ──ヽ(o´・ω・`o)ノ──!!!








テーマ : サザン    ジャンル : 音楽
 2020_07_22




06  « 2020_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.