ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

こんにちは。


部屋のクーラー故障の為、いつも記事は書き溜めているものを予約投稿しております。

皆様のブログへの訪問は携帯から通っていますが、コメントの書き込みや頂いたコメントへのお返事はパソコンから行っております。

部屋からではとてもではないですが、湯だった蒸し風呂のような温度の中書き込むことが流石に困難なため、ネットカフェを利用して行っております。

そのため、お返事が大変遅くなっております。

いつもコメント頂いている皆様に大変申し訳ありませんが今しばらくご容赦お願いしたく存じます。

勝手ながら申し訳ありません。。


もちろん、遅くはなりますが必ずお返事書かせて頂いております。

宜しくお願い致します。


          陳謝






学生時代に読んだ本。
紹介&感想です。






   山椒魚


     作者:井伏鱒二


〇あらすじ

谷川の岩屋をねぐらにしていた山椒魚は、あるとき自分が岩屋の外に出られなくなっていることに気がつく。

二年の間岩屋で過ごしているうちに体が大きくなり、頭が出入り口に「コロップの栓」のようにつかえるようになってしまったのである。

ろくに動き回ることもできない狭い岩屋のなかで山椒魚は虚勢を張るが、外に出て行くための方途は何もない。

彼は出入り口から外の谷川を眺め、目高の群れが先頭の動きにあわせてよろめいているのを見て嘲笑し、渦に巻き込まれて沈んでいく白い花弁をみて「目がくらみそうだ」とつぶやく。

ある夜、岩屋のなかに小海老がまぎれこみ、山椒魚の横っ腹にしがみつく。

山椒魚を岩石と勘違いして卵をうみつけているらしい。

しきりに物思いにふけっているらしい小蝦の様子をみて山椒魚は、屈託したり物思いに耽ったりするやつは莫迦だと言う。

しかし山椒魚がふたたび出入り口に突進し、栓のようにはまり込んだりといった騒ぎをはじめると、はじめは狼狽していた小蝦も失笑する。

その後、山椒魚は外へ出ることを再度試みるが徒労に終わり、涙を流して神にむかって窮状を訴える。彼は岩屋の外で自由に動き回っている水すましや蛙の姿を感動の目で眺めるが、そうしたものからはむしろ目をそむけたほうがよいと考え目蓋を閉じる。

彼は自分が唯一自由にできる目蓋のなかの暗闇に没頭し、寒いほど独りぽっちだ、と言ってすすり泣く。

悲嘆にくれるあまり「悪党」となった山椒魚は、ある日、岩屋に飛び込んできた蛙を閉じ込め、外に出られないようにした。

蛙は安全な窪みのなかに逃げ込んで虚勢を張り、二匹の生物は激しい口論を始める。

二匹のどちらも外に出られず、互いに反目しあったまま1年が過ぎ、2年が過ぎた。

蛙は岩屋内の杉苔が花粉を散らす光景を見て思わず深い嘆息を漏らし、それを聞きとめた山椒魚はもう降りてきてもいいと呼びかける。

しかし蛙は空腹で動けず、もう死ぬばかりになっていた。

お前は今何を考えているようなのだろうか、と聞く山椒魚に対して蛙は、今でも別にお前のことを怒ってはいないんだ、と答える。







太宰治がこの作品を目にした時、大変興奮したという。
「大した天才だ!」と評価したらしい。以来、彼は井伏を師のように仰いでいく。
私も作品を読んで、ひじょうに面白いと感じた。

まるで児童文学のようで、ブラックユーモアの中にちゃんと考えさせられる多くの言葉が隠れている。
文章も読みやすく、とても面白い作品だ。

山椒魚の大きくなってしまった部位が「頭」であることから、彼は理屈的な思考の持ち主であることが分かる。
実際に岩屋の外の世界を羨んだり、理屈をこねていて、批判をしたり、自分のことを棚に上げて他者を見下したりしている。
とても傲慢で、思慮も浅い魚だ。

思えば人間でも同じような人種がいる。そんな風に読んでいると、寓話的で面白い。
さらに山椒魚は根性がどんどん悪くなっていき、最後には蛙を幽閉してしまう。
理由は自分と同じ境遇にできて痛快だからという、いかにも身勝手極まりないもの。
岩屋での長い年月が彼の底意地の悪さを生ませてしまったのかが分かる。

それと引き換え、閉じ込められてしまった蛙は決して山椒魚に対して怒ったりしない。
感情的になることもなく、冷静で最後まで山椒魚に言葉を荒げることはない。
きっと蛙は、最初から山椒魚のことを憐れんでいたのだろう。
それを知らずに山椒魚はいい気味だと腹の底で薄ら笑っていたことになる。

ある意味、達観している蛙だけど結局は体力の限界に陥り、体が動かなくなってしまう。
「もう駄目なようだ」
この言葉が切ない。

この言葉を聞いて山椒魚はどう思ったのだろう。
やはり馬鹿なやつだ。そう思っただろうか。

いや、きっと今までよりも悲しい気持ちになったに違いない。
悪党となってしまった自分の愚かさ、孤独の恐ろしさ故に意地悪をしてしまった切なさ。

羨んだり、怖がったり、悲しんだり。
それはまるで人間のよう。
自分の行為を棚に上げて、他者を軽んじ、さげすさみ、卑下する。
だけどもその一方で、憧れや願いや悲しさを感じる。
複雑だがそれが生きているという感情でもあるのだろう。
ある意味、正直者ともいえるのかもしれない。

蛙はどこまでも達観し、悟りを拓いているかの如き存在で、まるで憐れで孤独な山椒魚を見守っているかのようにも映る。

ユーモアの中に真実の言葉が隠れている、そんな作品だ。






スポンサーサイト



2020.09.12 / Top↑