ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

諺の勉強のため、いくつか載せたいと思います。
皆さんもまだ知らない言葉があったりするでしょうか?






☆悪銭身に付かず

(意味)
 よくない方法で儲けた金は、とかくつまらぬことに使って、直になくなってしまう。

※類似語
 人垢(あぶく銭)は身につかぬ



まあ、そんなものかもしれませんね。実際自分では経験はないけど、世の中の犯罪を見る限りではそんんなイメージ。
ドラマや映画でもそんな感じだし。結局はあくどいことして儲けたって、よくよくは損するもんだという戒めの強い諺なのでしょうね。



☆悪に強ければ善にも強し

(意味)
 大悪人がいったん悔い改めると、大変な善人になる。

※悪に強きは善の種
 善に強ければ悪にも強し



こういう方は多いと思います。青春時代罪を犯し、少年院とかに入った人が悔い改めて正義感が強くなるとか。ドラマや小説だけじゃなく現実にもよくあるパターンだと思います。
まあ、悲しいかな。そうはならない人も多々いますけど。
悪を知っている人間は一番強いと思う。生半可悪いことを知ったかぶりに語る人よりも切実さや懺悔があり、それが犯罪抑止にも繋がっているのだろうと思う。
ただ良いことを言う人よりもよっぽど説得力ありますしね。
だからこそ、ちょい悪おじさんとかが好かれるのでしょうね。




☆悪には染まり易し

(意味)
 善い事は中々しにくいが、悪い事にはすぐ陥りやすい。


本当にその通り。
人間生きていて悪い事をしたことがない人なんて皆無だろう。必ずやしてしまっている。
それが聖職者や警官、弁護士であっても。
大きな犯罪じゃなくても、たとえば赤信号で渡るとかね。私も夜中の時はやっちゃうし。
人間生きるのが長ければ長くなるほど、悪知恵が働くようになっちゃうものだし。
もちろんそれを制御しなければいけないけど。




☆朝雨(あさあめ)は女の腕まくり

(意味)
 朝雨はじき晴れるので、女が腕まくりをしていばるのと同じく、恐れるほどのものではないということ。

※類似語
 朝雨に傘はいらぬ
 にわか雨と女の腕まくり


正直この諺は初めて知りました。
面白い表現ですね。
実際は腕まくりしながら威張る女性なんていないでしぉうけどね(笑)




☆朝起きは三文の徳

(意味)
 朝早起きをすると、なにかきっと得することがある。

※類似語
 朝起きは富貴のもと
 朝起き千両、夜起き百両
 朝起きは七つの得あり
 朝起きと早作とは損した者がない



働き者の日本人らしい諺ですね。
小さい時はよく言われたっけ(笑)
確かに早く起きた分、一日の時間は長く感じられてなんだかそれだけでも得したような気分にはなるけど。でも、休みで家にいたりすると、結局暇で昼寝しちゃうんですよね。そして、夜眠れなくなる(笑)




☆浅瀬に仇波(あだなみ)

(意味)
 川の深い所は波が立たないで、かえって浅い瀬に波が立って騒ぐこと。
 心の浅い者ほど騒ぎ立てること。

※類似語
 痩せ犬は吠える
 空樽は音が高い



そういわれればそんな現象ありますよね。あまり川で遊んだ記憶もないからいまいちピンとはこないけど。些細なことを大きく言って騒ぎ立てる人っていますよね。
なんであんなに事を大きくするんだろう。自分が周りからどんな風に思われているのか考えようともしないのか。そういう人は信用もできない。あまり親しくなりたくないものです。




☆麻につるる蓬(よもぎ)

(意味)
 まっすぐに生える性質の麻の中に生える蓬は、本来曲がりやすいものだが、周りの麻についてまっすぐにのびる。
 正しい人に交われば、その感化で自然に正しい人間になるたとえ。

※類似語
 人は善悪の友による
 麻の中のよもぎは扶(たす)けずして直し


交わる仲間によって人は変わるというのは世の常ですよね。
本来なら学校という公の場が正しい友人関係も結ぶ上でもっと巧く働いてくれればいいのだけど。
その学校という場において人生が狂ってしまう人間関係を構築してしまうことも大いにあり得るわけで。特に思春期に出会う人間というのは今後の人構築にあたって多大な影響を及ぼすことを考えると、いかに友人というものが大事な存在かが分かる。
そういう意味ではいい仲間に出会えたと思う。




☆朝(あした)に紅顔ありて夕(ゆうべ)に白骨となる

(意味)
 生命というものはいつ失われるか分からないというたとえ。
 「紅顔」は、血色のよい少年の顔。

※類似語
 朝の紅顔夕の白骨



すごい表現ですね。美しい日本語だとインパクトもでかい。
いつ死が訪れるのか分からない。だからこそこの刹那を大事にしなければ。
特にコロナを経験してからは命がいつ消えるかも分からないという思いが大きく胸に響いてきたように感じます。命は永遠じゃないんですよね。改めて深く思う日々です。




☆朝(あした)に道を聞けば夕(ゆうべ)に死すとも可なり

(意味)
 修養の道の大切さをたとえた言葉。
 人間としての道を朝聞き知ったなら、もう夕方死んでも悔いないほどだ。


悟りを開いたらみなそんな風に思えるものだろうか。
でも、本当に悟りを開いたのなら、それを広めていくという行いをするべきだと思うから、やはり夕方死んではならないと思う(笑)
まあ、たとえだから言葉通りに受け取るべきではないだろうけど。
そのくらいの精神って意味なのでしょうね。




☆朝(あした)に夕(ゆうべ)を謀らず

(意味)
 事態が切迫していて、朝でも夕方のことを考える暇のないこと。



なにか問題が起これば確かに夕方のことなど思いつきもしないですよね。
こんな諺もあったんですね。





今回はここまで。
結構知らない諺も多くてびっくり。
まだまだ沢山あるのだろうなあ。
では次回。





スポンサーサイト



2020.09.16 / Top↑