ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

こんにちは。

マスキングテープが好きで、可愛いのを発見するとついつい買ってしまいます(;^_^A
しかも使わずに溜まっていく一方という・・・(笑)
いつしかコレクション化してしまった。

正直自分でもどれぐらいあるのか、あまり把握してもいなくて。
重ねて買ったりしていないかも少し不安だったり。

写真を撮ってみたので、並べてみよう。



   moblog_91c7415b.jpg

写真が横になってしまった (°_°)


   moblog_c41b6487.jpgmoblog_5d470523.jpg


   moblog_891e0938.jpgmoblog_8717a49b.jpg


   moblog_e807990d.jpgmoblog_d688eb63.jpg


   moblog_bc4ed4a6.jpgmoblog_761d945d.jpg


   moblog_d0c847f0.jpg


   moblog_026ccd35.jpgmoblog_c4ddc7d9.jpg



   moblog_83caad4f.jpgmoblog_e75509dd.jpg


   moblog_528655fa.jpgmoblog_f81a5472.jpg


   moblog_f91b5c1e.jpg


   moblog_35a84158.jpgmoblog_9c837091.jpg


   



   moblog_e4d6c449.jpgmoblog_701472d0.jpg


   moblog_ed3abb0e.jpgmoblog_157b200f.jpg


   moblog_aa4b7870.jpgmoblog_50d3cabc.jpg


   moblog_c5dd47c3.jpgmoblog_a9e57bc5.jpg


   moblog_842818d2.jpgmoblog_492dc1e4.jpg


   moblog_f2c66650.jpgmoblog_9a4e9965.jpg


   moblog_aee42b48.jpgmoblog_3c2bbddd.jpg


   moblog_1c3b6149.jpgmoblog_4bc390f6.jpg


   moblog_544f15f7.jpgmoblog_161e1cff.jpg


   moblog_a808a3d8.jpgmoblog_44604749.jpg


   moblog_6a833358.jpgmoblog_2f8fc8da.jpg


   moblog_ec7a3db6.jpg


   moblog_b068222a.jpgmoblog_d954aa2c.jpg


   moblog_c5a7299f.jpgmoblog_bdde1a34.jpg


   moblog_17168285.jpgmoblog_908ed569.jpg


   moblog_f8500982.jpgmoblog_5dd78b50.jpg



とりあえず一部。
写真がたまに縦になってしまって見ずらいですが (;^_^A

今回は一枚一枚になっているバージョン。
まだまだいっぱいあるので、また次回載せようかと思います。
使わなきゃねえ。。。 (-∀-)





スポンサーサイト



2020.10.30 / Top↑
こんにちは。

今日は昔書いた詩。




   アリの子


はたらいて
はたらいて
いつか
つかれはてて
しぬのだろう

おまえはなんて
おバカな子なのだろうね

だけれども
とても
いとしいよ





私にしては短い詩。

蟻の様子を見て、我武者羅さを皮肉と愛情で語ってみました。

ほぼ漢字を使わず、平仮名にしたことで気持ちがこもっているといいなー。




2020.10.29 / Top↑
こんにちは。

今日は大好きな俳優・ロバート・デ・ニーロの映画紹介。





   ボーイズ・ライフ (1993)


     監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ
     出演:ロバート・デ・ニーロ、レオナルド・ディカプリオ、エレン・バーキン他。
     製作国:アメリカ



   moblog_308514a7.jpg


〇あらすじ

1950年代のアメリカ。

エルヴィス・プレスリーが大好きなトビーは、男運の悪い母キャロラインと暮らす元気な不良少年。

母は何度もトビーが悪さをしては学校に呼び出され手を焼いているが、大きな愛情を注いでいる。

やがてキャロラインは、ドワイトという中年男と交際するようになり、今まで付き合ってきた男たちと違って紳士的なドワイトに惹かれ、トビーを連れて再婚する。

だがトビーは、ドワイトの紳士ぶりは上辺だけのもので、実は暴力的で執念深い男だということを見抜いていた。





作家で大学教授のトバイアス・ウルフの若き日を描いた自伝小説の映画化作品。

ロバート・デ・ニーロは、役作りが本格的なことで知られる名優だ。
この役も実在の人物を演じるということもあり、本物の姿をよく研究したという。
それは煙草の火の付け方から小さな動作まで、本当に細かい所作まで及んだという。

最初は紳士的な態度だったドワイトの変貌振りは恐ろしさを感じるくらい。
とても暴力的で、自分本位で、高圧的な態度。
トビーが稼いだお給料をピンハネする様は最低で、腹が立つほど。
その内、母親は立ち向かうこともしなくなり、見てみない振りをしたり、逆らうことをしなくなるけど、さすがにトビーへの虐待が命への危険まで及び、ドワイトの元を二人で去っていく。

同じ女として、なぜにそこまで我慢していたのか謎。
まあ、よく逃げられないと聞くけど、精神的に追い込まれて「逃げる」という選択肢が頭に過らないのかもしれない。
いずれにしろ、息子の為に耐えるのを止め、逃げ出したことは良かった。
あのまま一緒に生活していたら、もしかしたらトビーは本当に殺されていたかもしれない。
殺されなくても、いずれは精神を病んでしまったことだろう。

これが実話なのだから、恐ろしい話だ。
母親は本当に男運のない女性。なぜにあそこまで最低な男に捕まるのか。
最早引力としか言いようがない(笑)

ロバート・デ・ニーロの演技は最高の一言。さすがとしか言いようがない。
最低で暴力的な男を見事に演じている。
そして、ディカプリオもさすがの演技力。
デニーロにも引けを取らない様は素晴らしい。
デニーロが絶賛するだけの実力は充分で、二人の凄まじいやり取りが迫真的で見応え充分。






2020.10.28 / Top↑
こんにちは。

寝る前は必ず読書する冬灯です^^


今日は海外の小説の感想日記です。






   ジーキル博士とハイド氏


        作者:スティーヴンソン


〇あらすじ
医学、法学の博士号を持つ高潔な紳士ジーキルの家に、いつの頃からかハイドと名乗る醜悪な容貌の小男が出入りするようになった。
ハイドは殺人事件まで引き起こす邪悪な性格の持ち主だったが、実は彼は薬によって姿を変えたジーキル博士その人だった。





二重人格を題材にした代表的な作品。
善悪両方とも存在し、薬で身体が変化するぐらいの悪の別人ができて、各々を謳歌しようとしたところ、薬による不具合なのもあり悪の人格が表に出る時間が長引いてく恐怖に怯える話。

見ようによっては、性悪説を唱えているような作品な気がする。
自身の中に「悪」の存在を認めた上でも尚、ハイドのことを「わたし」ではなく、「かれ」と読んでしまうジキルの弱さに自分が重なる。
誰しも善人でありたいと思うし、思われたい。
それは誰でもが持つ素直な感情ではないかと思う。
けれど、人間生きていれば色んな感情に囚われる。

時には腹を立て、責めたり、意地悪な気持ちになったり様々だ。
中には感情がいきすぎて、呪いじみた思いを強く募らせることだってある。
普通ならそういった負の感情を制御し、うまく乗り切っていくのだが、ふとしたことでそれが振り切れてしまったら恐ろしい。

自分の内側にもまさしく「ハイド」は存在していると思う。
だけど、それをうまくコントロールして、自分と向き合いつつ生きている。
なんとか、保っていられるのは信仰心が一番大きい役目を担っているのだろうと思っている。
それに加え、両親の愛、そしてこんな私でも信じてくれる人たちのお陰。

でも、この作品のように善悪が混同してしまったら、どうなってしまうのか。
罪を犯したのは自分ではない。けれど、確かにもうひとりの自分自身なのだ。
認めたくはない気持ち。けれど、心の奥底では悪なる感情がある。

最後の告白では、ハイドに飲み込まれる恐怖が、なんとも悲痛に伝わってくる。
しかし困ったことに、そのハイドも、やはり自分なのである。
キリスト教における、自身の不徳に対する葛藤。その葛藤こそが物語の根幹なのかもしれない。
善と悪のバランスを失う怖さを感じる。
いかに制御していく能力が大切かを問われた気がした。

考えてもみれば、人間界だって地獄のひとつなわけだしね。






2020.10.27 / Top↑
こんにちは。

最近、ジャスミンティーにハマってる冬灯です^^


今日はサザンの歌を紹介。




   ホリデイ~スリラー「魔の休日」より (1992)


      作曲・作詞:桑田佳祐


君に魔のホリデイ 血塗る心理ゾーン
犯人はすぐそばにいる
謎を呼ぶアリバイ 浮かぶ人物像
手を汚さないで殺る

亡き女性の夢は yeah, yeah, yeah,
色んな情夫と絡む美貌
走り去る人影を 奇妙なことに誰も見ていない
孤独のベッドじゃ眠れぬような  baby
just  a  woman
そしてドアまで locked  shut!

凍る身のホリデイ 読めぬ心理ゾーン
事件は問いかけてくる
美しきアリバイ 白い偏執狂
閉ざされた部屋で殺る

あの夜は雨が yeah, yeah, yeah,
にじんだブーツに秘めた無情
口づけをするために 心のベールをほどく瞬間が来て
そのまま誰かの腕の中で baby
just  a  woman
そして命は locked  shut!

What  you  do!

君に魔のホリデイ 血塗る心理ゾーン
犯人はすぐそばにいる
謎を呼ぶアリバイ 浮かぶ人物像
手を汚さないで殺る
凍る口笛が さまよう街
犯人はすぐそばにいる
亡き女性の夢



 


31枚目シングル「涙のキッス」のカップリング曲。
YouTubeに動画がアップされてなかった。残念。

まるで火曜サスペンス劇場(笑)
歌詞は殺人ミステリー調。
「事件(ヤマ)」「犯人(ホシ)」などの警察の隠語も出てくる。
物語性がしっかりとある面白い歌だ。
曲調はポップでとても洒落ている。

いつか自分で曲をアップできるようになったら載せたいと思う。

犯人は一体誰なのか。
とても気になる内容(笑)

他にも桑田さんはサスペンス風の曲を書いていたりするので、紹介時にユーチューブにあれば載せたいと思う。





  
2020.10.26 / Top↑
こんにちは。

休みの日はついついお昼寝をしてしまう冬灯です(;^_^A


今日は昔書いた詩。





   鳴き声


それはかくも、
笹泣きに似ている

まだ明けない
空の下で
かぼそく泣き続けている
まだ春は
遠いというのに
なぜにおまえは
そんなに泣きいそぐ

細雪がつめたかろうに
朔風がつらかろうに

それでも
我は
「ここ」に居ると
主張している

そんなに泣かなくても
おまえが
「そこ」に居ることは
わかっているというのに

悲し気な声で
朝霞から
夕時雨まで
冴ゆる風にのせて
その声が響く

泣きたいのなら、
泣くがいい

けれど
これだけは
忘れないでおくれ

おまえが
「存在」しているということを
知っているということを

どうか
忘れないでおくれ





笹泣きというのは、冬にウグイスが茂みの中などで鳴くこと。

そこから着想を得て、想像して書いた詩です。

小さい存在。
身体いっぱい表現する様子。
一生懸命生きようとする姿勢。

そんな懸命さを想像して。
そして、同じような人間を想像して。




2020.10.25 / Top↑
こんにちは。

最近、ボスのミルクティーにはまっている冬灯です^^


今日は禅語の紹介を。







   成道(じょうどう)



スポーツでも、芸能でも、道を窮めた達人は何かが違う、よよくいう。
技術や芸を窮めようと努力する姿は、悟りを求めて修行を積む層と似ているからであろう。

「道を成す」と書いて、成道。
達人も道を成した人といえるから、僧と似ているのも頷ける。

「八万四千の法門(はちまんしせんのほうもん)」といわれるように、仏さまの教えに通じる道は色々な方向から延びている。
ひょっとしたら達人の道も、僧の道も、行きつくところは同じ仏さまのもとなのかもしれない。




とてもいい言葉ですよね。
私はこの言葉と「有り難う」が一番好きかもしれない。
漢字というのは分かり易くて、それでいてちゃんと意味がある。
それをひとつひとつ考えるだけでも一歩悟りに近づいていってるような気持ちになれます。

(ええ・・、もちろん気持ちだけだけど(笑))

道というものはとんでもなくなが~いものです。
中途半端に解かった振りというのが一番危険。
講釈たらたら、本当はなんにも分かってない。ただ自分の知識に胡坐して鼻を高くしてることに気付かず、高慢になっているだけ。
なんてこともよくある話で。

どんな時も謙虚に、学ぶことを忘れず、生きていきたい。

そうしていつか、悟れる日がきたなら。
そんな人生の締めくくりができたら本当の意味での「幸せ」だろうなあ。





2020.10.24 / Top↑
こんにちは。

朝は毎日バナナ or ヨーグルトな冬灯です^^


今日はギリシャ神話の続きです。







   人類最初の女性、パンドラ


プロメテウスを罰したゼウスは、共犯者である人間にも罰を与えた。
ゼウスは鍛冶の神ヘパイストスに命じ、女神によく似た美しい女をつくらせた。
人間の女性の誕生である。

美しく着飾ったその乙女は、技芸の女神アテナによって機織りの技を与えられ、愛と美の女神アプロディーテによって男を悩ます色気を注ぎ込まれ、狡猾なヘルメス神によって邪心や不実さや嘘を教えられた。
女はパンドラ(あらゆる贈り物を与えられた、という意味)と名付けられた。

ヘルメスは、ゼウスの命令通りにパンドラを、プロメテウスの弟エピメテウスのもとに連れて行く。
エピメテウスは、兄から「ゼウスの贈り物は絶対に受け取ってはいけない」と忠告されていたにもかかわらず、女の魅力に負けて、彼女を妻に迎えてしまう。
エピメテウスの家には大きな壺があった。この壺は元々エピメテウスの家にあったものとも、オリジナルの神々がパンドラに持たせたものともいわれるが、いずれにせよ、中身をみることは固く禁じられていた。
しかし、パンドラは好奇心から壺のふたを開けてしまう。
すると、中から悲しみや、病苦、猜疑、憎悪などありとあらゆる災厄があふれ出てきて地上に飛び散った。

それまで地上の人間たちは、死をもたらす病気や悲しみ、災いなどとは無縁の生活をしていたが、この時から地上に「悪」や「災い」が生じ、それらは人類の増加とともに蔓延していった。
最後にエルピス(希望)だけが壺の底に残ったのだった。



☆要約

・パンドラ、すなわち最初の人間の女性が地上に出現する
         ↓
・パンドラが「開けてはいけない」壺を開け、地上に災いをまき散らす。
         ↓
・その結果、人間たちは常に「災い」に怯えながら、生きていくこととなった。



※旧約聖書のイヴと同じように、ギリシャ神話でも、女性は人類を不幸にした存在として描かれている。







この神話は有名ですよね。
ゼウスの狡猾な仕返し。
神様なのに全然寛容さがない(笑)
まさにやられたらやり返す、10000倍返し(笑)

最初の人間は男だけというのも、まさに男尊女卑的思考。
そして、創り出されたパンドラ。
なんかこうして見ると、つくづく女は悪女なイメージしかないですね。
誘惑するためだけに創り出されたかのような話。
今なら大問題。

パンドラ自身にはなんの罪もないのにねえ。


それにしても、昔から「見てはいけない」という言葉には弱いものですね。
必ず最後には見てしまう。
それは世界共通の必須事項。
子供も男も女も老人も。
必ず見てしまう魔法の言葉。

まあ、かくゆう私だって。
見てしまう・・・だろうな。




では次回。






2020.10.23 / Top↑

   ☆アマルフィ 女神の報酬(2009)

     監督:西谷弘
     出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、福山雅治ほか。
     製作国:日本


  moblog_2ab06854.jpg


〇あらすじ

2009年12月22日、外交官の黒田康作とイタリア旅行中の矢上紗江子は、クリスマス期間で賑わうローマ市内のホテルに入る。

その前日、あるテロ予告を受け、黒田はイタリア日本大使館に赴任する。ローマで開催されるクリスマスのG8外務大臣会合へ出席する川越外務大臣のイタリア訪問の準備に追われる中、偶然、日本人少女誘拐事件に巻き込まれる。

美術館の公衆トイレにたまたま少女が入った時にさらわれたという。黒田は犯人に少女の父親だと名乗ったことで、少女の母・紗江子の「夫」として同じホテルに泊まる羽目になり、犯人との身代金の取引にも関わることになる。

犯人側は取引場所になぜかローマの観光地ばかり指定してくるが、警察に通報したことがばれ、取引は失敗に終わる。

だが、その後の取引再開にて携帯電話の逆探知という方法で掴んだアマルフィへ向かい、黒田はついに犯人の目星をつけるが、実は誘拐と黒田らの捜査こそが、犯人グループの真の目的のために仕組まれた犯行計画の一部だった。

一連の犯行の動機は、7年前に起きたある中近東国家を支配する軍事政権の市民への虐殺が背景にあり、仲間を虐殺された藤井昌樹らボランティアNGOメンバーによる復讐だった。

彼らは復讐相手を軍事政権ではなく、陰で資金援助した日本政府の川越大臣に定めていて、川越に事実の自白強要をして殺すことが最終目的であり、誘拐や全ての犯罪行為は、在イタリア日本大使館に侵入するためだけの犯行計画だった。

黒田はそれを阻止すべく日本大使館に向かう。7年前に妻を殺された藤井に、紗江子からの「私と娘にしたことを生きて償ってほしい」という伝言を黒田は伝え、「説得」をもって藤井のテロを解決しようとする。 




昔はあまり好きでなかった織田裕二。

でも、「踊る大捜査線」から割と好きな俳優さんになりました。

この映画も結構良かった。


スマートで仕事のできる外交官。

ふとしたきっかけで事件に巻き込まれ、捜査していく様子も天海さんとのコンビも中々楽しめた一本。

最初は反発する二人が徐々に心を通わせ合って、信頼へと繋がる様子は少しドキドキ。

そして一番良かったのが、そんななんとなく惹かれつつあう二人が最後、結局結ばれないまま終わるというところ。

たいていこういう流れだとラストはくっついたりするけど(洋画だと必ずといっていいほど)、曖昧な雰囲気のまま別れるというパターン、実は結構好きだったりする。


だけど、犯人とのやり取りがいまいち迫力にかけた、というか中途半端だったというか・・・。

佐藤浩市の迫真の演技は素晴らしかったけど、盛り上がったかと思ったら、なんだか撃沈・・・沈下・・・そんな印象が拭えない。

それ以外はアマルフィの美しさも堪能できて良作。








2020.10.22 / Top↑
こんにちは。

最近肩こりが酷い冬灯です(;^_^A


今日はまたまた昔書いた詩。





   庵(いお)の春


明の春に
寒椿の生初して

居籠りの中
伊勢海老食べて

一番水を
飲みほしましょう

伊呂波がるたに
お書初め
うす起こしに
謡(うた)初め

あとは大福茶飲んで
鬼打木

淑気(しゅくき)にひきしまる
我が心

春服(しゅんぷく)に
身をつつみ

千代の春を
祈りましょう





題して「正月の詩」(笑)
ただ祝い事を並べあげただけですが。

正月はこうでありたい^^




2020.10.21 / Top↑