禅語 ③


禅の言葉から良いものを載せようと思います^^
みなさんの心に響くものがなにかあればいいなあと思います。




 〇掬水月在手(水を掬すれば 月 手に在り) ←水をきくすれば(読み方)

 〇弄花香満衣 (花を弄すれば 香 衣に満つ) ←か えにみつ(読み方)


どんな意味かというと・・・
月の輝く夜に手で水をすくい覗き込むと、そこには月が映っている。三人並んで手にすくった水を覗き込むと、三人の手の中にそれぞれ月が映っている。
誰の手の中にも平等に美しい姿をみせてくれる月。まるで、「みんな温かい心を持っているんだ」と、教えてくれているよう。
花を手にとって愛おしめば、かぐわしい香りが衣服に移る。
友達と一緒に花を愛でれば、いつの間にか二人とも服からいい匂いがして、顔を見合わせてにっこり笑い合う。
水をすくい、花を手にとる、そんな小さな行動が、安らぎに繋がる。なにもしなければ、月も花も存在しないのと同じ。
よいこと、美しいものに気付くゆとりが大切ということを表しています。

忙しない生活を送っていると、ついそんなことを忘れがちになってしまう。
たまには空を見上げて、大きく深呼吸したり、路肩の小さな花に気付いたり、月を眺めて美しいなあと思ったりする瞬間を大切にしたいですね。
どうしても時間に追われた日常を送ってしまうけど。

心に余裕を持つって大変だけど、それさえ失ってしまうと心がカサカサに渇いてしまいそうに思います。愛でる心、分かち合う心、大事にしたい^^

私がいつも足を運んでいるブログの中で空の写真を載せている方がいます。いつもその澄んだ空を見ると、ああ、空を見よう!という気持ちにさせてくれます。
今日は昼間青空を仰ぎ見、夜は月を眺めようと思います^^




スポンサーサイト




テーマ : 仏教・佛教    ジャンル : 学問・文化・芸術
 2020_04_07


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.