赤い橋の下のぬるい水(役所広司さんの映画)


今日は大好きな役者さん、役所広司さんの記事。
映画です。




   ☆赤い橋の下のぬるい水(2001)


    監督:今村昌平
    出演:役所広司、清水美沙、北村有起哉ほか。
    製作国:日本
 moblog_4f563db1.jpg


〇あらすじ

中年の失業者・笹野陽介は、ホームレスたちの集落で、人生の師であるタロウの死に直面した。

 生前タロウから「盗んだ金の仏像は能登半島にある、赤い橋のたもとの家にあるから俺の代わりに仏像をもってきてくれ」と告げられていた陽介は、氷見線のある駅に降り立ち、ノウゼンカズラが咲くその家に行った。 

その家から出てきたサエコのあとをつけると、彼女はスーパーで奇妙な行動をとっていた。しかも、彼女の去った跡には片方だけの銀色のイヤリングが沈む奇妙な水たまりができていた。

その家に戻ると、ミツという女性がサエコとともに、陽介を迎えていた。

体の中に水がたまると悪事を働きたくなり、水を放出すると快楽を感じるという不思議な体質の彼女に惹かれ、陽介はその地に住むことになった。 



※役所さんはもちろん主役。陽介役。


今は亡き今村昌平の作品。カンヌ国際映画祭にノミネートもされた映画です。

奇妙な話。監督が今村氏なだけに、内容も愛欲がメイン。

陽介はサエコに惹かれていき、なんとか彼女を助けようとする。水が体内に溜まらないように、常に交わる。その必死さが滑稽に映ることもあるけど、サエコが愛しいという思いが溢れている映画。


ぬるい水というのは、サエコの内から流れ出るもの。膨大な量の水を潮のように噴き出して、それが一筋の流れとなり、川の中に流れ込む。その水は不思議な効用があり、水の溶けた川の周囲には、大勢の魚が集まってくる。

ちょっとファンタジーな感じ。大人の男と女の愛欲が絡んだ不思議なファンタジー。


  moblog_066cb2d4.jpg






スポンサーサイト




テーマ : 役所広司さん    ジャンル : 映画
 2020_05_13


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.