ことわざ ③


今日は諺の紹介を。
いくつか載せようと思います。






☆青は藍より出でて藍より青し

(意味)
 弟子が先生より優れているたとえ。

※類似語
 出藍の誉
 氷は観ずより出でて水よりも寒し


素敵な言い方。一度は言われてみたいものだ(笑)
先生よりも出世するというのは、ある意味先生びよりにつきるかもしれない。



☆空樽は音が高い

(意味)
 中味のない人ほどよくしゃべりまくること。

※類似語
 浅瀬に仇波
 痩せ犬は吠える



本当に樽って空だと音が高く聞こえるのかしら?
私もこうならないように注意しよう(;^_^A
諺というのは、一種の警戒ですよね。




☆秋茄子は嫁に食わすな

(意味)
 母親が息子の嫁を憎んで意地悪くすること。うまい秋茄子を嫁には食わさないとか、秋茄子は冷えるからと嫁の身体を気遣うもの、また秋茄子は種が少ないから子種が授からぬと困るという縁起をかつぐものなど、色々な説がある。

※類似語
 秋鯖は嫁に食わすな
 五月蕨は嫁に食わすな



これは本来どんな意味から言うようになったのでしょうね。
昔は意地悪の意味しか知らなかったけど、本当は嫁の身体を考えて冷えるからという説もよく聞くし。
いまだに意地悪の意味合いでとる人の方が多いのかなあ。




☆秋の日は釣瓶落とし

(意味)
 秋の日は、井戸の中へ釣瓶が落ちていくように、急速に暮れること。秋の日が暮れやすいこと。

※類似語
 秋の日は鉈落とし


よく聞くことわざのひとつだけど、言葉が先行してしまって、釣瓶がいったいどんなものなのか知らなかった。
もちろん今では水を汲むための桶だということは知っているけど。
言葉を先に知っていて、実際どんなものか知らずにいることって結構多いですよね。
それにしても日本らしい流暢な表現。




☆秋葉山から火事

(意味)
 他人のことを戒めているうちに、自分のところから過ちを引き起こすこと。
 秋葉山は、秋葉神社のことで、火災防止の神様。

※類似語
 火消しの家にも火事


これは恥ずかしながら初めて知ったことわざ。
でも、類似語の方は知ってました。
秋葉山はどうやら静岡県にある神社のようですね。一度行ってみたいな。
火災防止で有名なのかな?
諺になるぐらいだし。




☆商人(あきんど)と屏風は直ぐには立たぬ

(意味)
 商人は正直一方では儲からぬ、利益を得るにはある程度の融通性が必要だということ。

※類似語
 商人と屏風は曲がらねば立たぬ



なるほど~という感じ。諺って時々皮肉のようにも聞こえるから不思議。良くいえば教訓みたいな。
屏風と比較というのも面白い発想。




☆商人は損していつか倉が建つ

(意味)
 商人はいつも儲からぬと愚痴をこぼしながら、いつの間にか儲けて金持ちになっている



明らかに皮肉。
まあ、私も同じように思っちゃうけど(笑)
自慢や見せびらかしたりする人よりも賢明でしょうね。泥棒にも狙われにくいだろうし。
商人が成功する術なのかもしれない。




☆悪縁契(ちぎり)深し

(意味)
 悪い繋がりほどその緣を断ち切るのが難しい。


確かに!
これは身に染む言葉ですね。まさにその通り。中々縁が切れなかったりして苦しいことよくあります。
ドラマや映画、犯罪などでもこれは原因で事が起こるケースが多々ありますしね。
人の緣というのは良縁もあれば悪縁もある。早くに見極めて断ち切ることができれば人を憎んだり、犯罪も減少するのでしょうけど・・・。
衝撃的でインパクトのある諺ですよね。




☆悪妻は百年の不作

(意味)
 男にとって悪い妻は生涯の不幸だ。
 「百年の不作」は、子孫まで悪影響を受けるということの誇張表現。

※類似語
 悪妻は六十年の不作
 悪妻は三年の凶作
 悪婦家を破る



これは男性にだっていえることだと思いますけどね。
でも一瞬この諺を聞いて、思え描いてしまった女性がひとり・・・
阿部首相の奥さん、昭恵夫人。
色々問題は多しし、旦那の足を引っ張っているイメージ。あげまんではなく、間違いなくさげまん。
自粛要請宣言が発動してないからといって、大勢で九州にバス旅行行ったり、お花見したり。
率先して慎ましい行動をするべき立場の人がそれでは若者たちを非難することなんてできるはずもない。まあ、そんな女房の行いを窘めることができない首相にも問題はあるだろうけど。




☆悪事千里を走る

(意味)
 悪いことやよくない評判はたちまちのうちに遠くまで伝わってしまう。

※類似語
 隠す事千里

※反対語
 好事門を出でず



よく聞く諺のひとつですよね。
今は特にネットの時代だから。隠していてもすぐに露見しちゃう。悪に対してはそうあるべきなんだろうけど、その悪事以外にも色んなことが暴き出されるというのは怖いこと。
これも管理社会の一端なのだろうか・・・。




今日はこの辺りにしておきます。
また次回も勉強がてら載せようと思います。





 
スポンサーサイト




テーマ : 語学の勉強    ジャンル : 学問・文化・芸術
 2020_08_07


Comments

NoTitle 

冬灯さん、いつもブログご訪問ありがとうございます。

いやぁ、今日のブログ記事はものすごく為になりました。
知らない諺も多かったですが(この辺が勉強不足なんですよね)
知っている諺も詳しく教えて下さったお陰でうろ覚えが
しっかりと知識として浸透した感じです。

☆悪妻は百年の不作

の件。安倍総理の奥さんの話を拝読して、思わず拍手をしちゃいました。
ファーストレディと言われる人ならば、ご主人である総理の顔に泥を塗るような事を
してはダメですよね。
森友学園の問題にしろ、自分の旦那が偉いからと言って
責任も取れないのにしゃしゃり出るような真似はいけない。
旦那よりも奥さんが目立っちゃ~ダメでしょ。
コロナウィルス感染拡大時にも会食はダメだって言ってるのに
平気で外出して会食する辺り、一体何考えているのか。
自分の行いで自分の旦那の株を下げている事が分からないなんて
本当にこれが日本のファーストレディなんだ・・・と情けなく思っています。

godmina  URL   2020-08-07 16:19  

godmina さんへ 

いつもご訪問&コメント有り難うございます^^


諺って結構面白いものですよね。
私も知らないものがいっぱいあって、恥じるばかりです(;^_^A
聞いたことはあったけど、その本質をうろ覚えだったり、意味を取り違えて覚えているものもあったりして、自分自身も勉強になるなあと思っています。
ただ、披露する場面はあんまりないですけど(笑)

言い得て妙!と思える諺を見つけると、おおっ!!って思いますよね。
悪妻~は見つけた瞬間、すぐに総理夫人を思い浮かべてしまいました。

考えたら笑える話じゃないですよね。
やっぱり日本の代表と見られるわけで・・・。
それってすごく恥なんだということに気付かないのでしょうかね。
総理も火消しで大変。そこはちょっと同情しますが。
平気で外食とか。普通は考えられない行動ですよね。
いつまでもお嬢様気取りで呆れるばかりです。
世間知らずなんて通る年齢ではないのだし、もう少し行動を慎んでほしいものですよね。

情けない・・・まったく同意見です(;^_^A
冬灯  URL   2020-08-07 19:36  

はじめまして 

いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

たくさんのことわざ、知っているものもいくつかありましたが、知らないもののほうが多かったかもしれません。
その中で「空樽は音が高い」、これ、イタリア人に教えてあげたいなと思いました。文化の違いかもしれませんが、こちらの人は、ものすごくしゃべるので。全員が口から生まれてきたのでは、と思う時も多々あります。

これからも、よろしくお願いします。
Rose  URL   2020-08-08 01:29  

Roseさんへ 

コメント頂き有り難うございます。

お返事が遅くなり失礼致しました。。


こちらこそ、いつも足を運んで頂き、有り難うございます。

ことわざって、本当に沢山あってビックリしますよね~
私もまだまだ知らないものがいっぱいあります^^

確かにイタリアの方ってお喋りで情熱的というイメージがあります^^
イタリアでも沢山のことわざがあるのでしょうね。今度是非調べてみたい気がします。

口が災いで身を滅ぼしたり、窮地に立たされたり、要らぬ腹を勘繰られたり、とばっちりにあったり・・
そんな時、本当にお喋りすぎると身を滅ぼすことに繋がるのかもと思ったりします(;^_^A


また遊びに行かせて頂きます。
今後とも宜しくお願い致します。
冬灯  URL   2020-08-11 11:39  

 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.