オキザリス(自作の詩)


今日は拙い私の詩です。
これも昔書いたもの。

花言葉シリーズです。







    オキザリス


あなたはいつだったか
私の髪に白く綺麗な
オキザリスの花を挿してくれましたね
春の風にそよそよと
私の髪で揺れていた
あのかわいらしい花

あの頃の私は幸福でした
何も怖いものなんてなかった私
ただあなたを
失うことだけが恐ろしかった

あの頃の私は
まだ幼くて
いつもあなたを
困らせていましたね
もう遠い昔のような気がする

私とあなたの心の中で
いつまでも
そよそよと揺れている
オキザリスの花

その花のように
‘輝く心‘で
私は生きてゆきます






オキザリスは12月15日の花です。
その花言葉は、「輝く心」

そんなことをイメージして作ってみた詩なのでした。



スポンサーサイト




テーマ :    ジャンル : 小説・文学
 2020_06_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.