オキザリス(自作の詩)

今日は拙い私の詩です。
これも昔書いたもの。

花言葉シリーズです。







    オキザリス


あなたはいつだったか
私の髪に白く綺麗な
オキザリスの花を挿してくれましたね
春の風にそよそよと
私の髪で揺れていた
あのかわいらしい花

あの頃の私は幸福でした
何も怖いものなんてなかった私
ただあなたを
失うことだけが恐ろしかった

あの頃の私は
まだ幼くて
いつもあなたを
困らせていましたね
もう遠い昔のような気がする

私とあなたの心の中で
いつまでも
そよそよと揺れている
オキザリスの花

その花のように
‘輝く心‘で
私は生きてゆきます






オキザリスは12月15日の花です。
その花言葉は、「輝く心」

そんなことをイメージして作ってみた詩なのでした。



スポンサーサイト





【メメント(洋画)】へ  【十五少年漂流記(小説)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【メメント(洋画)】へ  【十五少年漂流記(小説)】へ

梅月夜の夢物語り

Home 
Comic
Gallery
SiteMap

キーボードの  F11  を
クリックすると全画面で
表示されます。二回押すと元に戻ります。