すすき(自作の詩)


今日は詩です。
昔書き貯めたものより。







   すすき


秋の夜長
月の野原
さやさやと風に
揺れるすすき

鈴虫の声が
哀愁を誘う
星の煌めきで
野原いっぱいの
すすきが踊り出す

こんな夜も
いいかもしれない
そっと酔いしれてみよう
朝がくるまで






割と短い詩です。
季節と合っていませんが(笑)

すすきの風に鳴る音が好きです。
耳に心地よいというか、健やかな気分になれるというか。
秋のもの淋しい季節の中に涼やかさをもたらしてくれる音。

少し夢心地なような、心を浮き立たせてくれるような・・・。




スポンサーサイト




テーマ :    ジャンル : 小説・文学
 2020_06_27


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.