紅つめ草(自作の詩)


今日は詩です。

ちょっと暗いというか、怖いので気を付けて下さい(;^_^A







   紅(べに)つめ草



ぼくのおもちゃをこわした妹
大切な 大切な
ぼくのおもちゃ
いつも一緒にいたのに
妹がこわした

かわいい かわいい妹
ぼくの年の離れた
小さな妹
おしおきがぼくの愛

妹の大好きな紅つめ草
いつもその小さな
つめに塗っていた

ぼくは妹がかわいいから
せめて妹の大好きな
紅つめ草の下に
眠らせてあげる

だからもう
ぼくの大切な
ものをこわしたら
だめだよ

でも
本当は妹じゃなくて
ママが掃除中に
こわしてしまった
ぼくの宝もの

ごめんね
疑ったりして

でもいつも
ぼくを困らせてばかりいたから・・・

だから
妹だと思ったんだ

真実は時には
残酷で
ぼくは過って
妹を殺してしまった

だから
お詫びに
毎日紅つめ草に
お水をあげるよ

妹の上から
生えてきた紅つめ草にーーー

ほうら今日も
お水をあげる・・・






昔、「悪魔の花嫁」という漫画を読んでいたことがあって。
その中に兄が妹を殺してしまう話がありました。
内容も詩とほとんど同じです。

あまりにも印象的で。
その話を元に作りました。

自己愛、エゴ、猜疑心愛情欠如。
幼い子供だからこそ恐ろしい心の内側・・・




スポンサーサイト




テーマ :    ジャンル : 小説・文学
 2020_08_14


Comments

NoTitle 

冬灯さん、いつもお付き合いありがとうございます。

今日の詩はまた怖いシチュエーションでしたね。
でも、その気持ちは「可愛さ余って憎さ百倍」で言い換えれるかな。
人一倍人に想いを寄せる人は、きっと一度抉れたら
その気持ちを無視することが出来ずに
恨むようになるのかもしれないな。

激暑厳しき折りから、どうぞくれぐれもお身体大切にね。
godmina  URL   2020-08-14 15:21  

NoTitle 

かなり意味ありげな詩でした
愛情と憎しみは紙一重的な感じでしょうか
それでもとても心に残る詩

「悪魔の花嫁」は私も読んでいました
でも最後まで読んでないので結末をしらないのですが
結局どうなったのか今さらですが気になってしまいました
ゴルのママ  URL   2020-08-14 20:38  

godminaさんへ 

こちらこそいつもご訪問&コメント頂きまして本当に有り難うございます。
毎度、お返事遅くなりすみません。。


そうですね。確かに思い入れが強い人というのは、その反動も強いような気がしますね。
内に秘めている感情が制御できない人っていますよね。
それがこの詩のように小さな子供からあったとしたら、本当に怖い気がします。


godminaさんもコロナ、そして熱中症にお気を付け下さい^^
残暑お見舞い申し上げます。
冬灯  URL   2020-08-15 08:56  

ゴルのママ さんへ 

いつもコメント頂き、本当に有り難うございます^^
お返事遅くなり、申し訳ございません。。。


素敵な言葉を頂き、ありがとうございます。
感情のコントロールができない子供って怖いですよね。
そんな子供が大きくなった時のことを考えると・・・恐ろしいものがあります。

漫画、読まれてましたか!
絵もすごかったですよね(笑)
そういえば、アニメにもなってた気がします。
元々ギリシャ神話が好きなので、この漫画も主体は神話だったので見ていましたが、当時はすごく怖かったのを覚えています。

私も久しぶりに見たくなりました(笑)
確か原作では、神話時代に裏切った恋人同士が現代で兄妹として転生したというストーリーだったかと。
前世でも兄である男が妹である女を殺してしまって、結局そのまま因縁が続き、やはり殺してしまう・・・というような話だったかと思います。

昔見たものでも、衝撃度が大きいと結構心に残っているものですね。。

いつも有り難うございます^^
冬灯  URL   2020-08-15 09:13  

 管理者にだけ表示を許可する


08  « 2020_09 »  10

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




.