ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

梅月夜の夢物語り

メリダとおそろしの森(ディズニー映画)

こんにちは。

今日はアニメ映画の感想と紹介記事ですーー^^




   メリダとおそろしの森 (2012)

     監督:マーク・アンドリュース、ブレンダ・チャップマン
     声:ケリー・マクドナルド、エマ・トンプソンほか。
     製作国:アメリカ




    moblog_6e1145e7.jpg




〇あらすじ

舞台は千年前のスコットランド。

ダンブロッホ王国の王女メリダは幼い頃から活発な性格で、成長し少女となった今は自由を愛する弓の名手である。

しかし、メリダの母エリノア王妃は、王位継承者であるメリダを立派な王女に育てるため、堅苦しい生活を好まないメリダに対して日頃から厳しく接していた。

王国の伝統として、平和を維持するためには国の有力な3人の領主との同盟関係が重要とされてきた。

エリノア王妃は3人の領主とその息子たちを城に招き、最も優れた武勇を示した息子をメリダの夫にしようとする。

しかし、強引に決められた結婚を嫌がったメリダは競技会に乱入し、自分自身が優勝してしまう。

エリノア王妃は激怒し、メリダを自室へと連れて行くと2人の口論が始まる。

メリダは王女としての在り方を押し付けるばかりの母に耐えかね、エリノア王妃が手作りしていた大切なタペストリーを剣で一裂きする。

対するエリノア王妃はメリダの弓を奪い取り暖炉に放り込んでしまう。

母の所業にメリダは哀しみ、愛馬アンガスに乗って城を飛び出し森を駆けていく。

メリダが不思議な「鬼火」に導かれ森を進んでいくと、森の奥で店を構える森の魔女と出会う。

メリダは母の考えを変える魔法を注文するが、魔女の用意した魔法のケーキを一口食べたエリノア王妃は、大きな熊へと姿を変えてしまう。

メリダの父ファーガス王は凶暴な熊モルデューに左足を食い千切られたため、全ての熊を憎んでいた。

熊に姿を変えたエリノア王妃は言葉を話すことができず、ファーガス王に見つかれば殺されてしまう。

メリダは弟である三つ子に協力してもらい、密かに母を連れて城を脱出すると、魔法を解く手がかりを求めて森へ入っていく。

メリダが魔女の店に辿り着くと伝言が残されており、「二度目の日の出を迎えると魔法が永遠に解けなくなる」という。

魔法を解く手掛かりもあったが、内容が抽象的で具体的に何をすればいいのか分からなかった。

翌日、朝食を用意するメリダが川でを射ったことを切っ掛けに、2人は夢中で川の鮭を取り始める。

しかし、日が暮れる頃になるとエリノア王妃はまるで本物の熊のように振舞い始める。

メリダの呼びかけでエリノア王妃の意識が戻ると、2人は「鬼火」に導かれるまま荒れ果てた大昔の城跡に辿り着く。

城跡の様子から、ここは昔話で伝えられる古代王国の跡地であり、かつて母と同じように熊に変わってしまった王子がいることにメリダが気付くと、目の前にモルデューが現れて彼女を襲い始める。

母と協力して逃げ延びたメリダは、魔法を解く手掛かりと城跡の様子から、剣で裂いてしまったタペストリーを修復すれば魔法が解けると考えた。

夜を迎え、2人が城に潜入すると、城内ではファーガス王と3人の領主達が誰をメリダの夫にするか争っており、同盟は崩壊寸前に陥っている。

メリダは彼らの前に出て注目を集めると、母が自室へ向かう時間を稼ぐために古代王国の昔話を始めた。

メリダの話は次第にダンブロッホ王国が誕生した経緯に移り、絆の尊さと大切さを自他共に確認するに至る。

成長したメリダの姿に心打たれたエリノア王妃は、考えが改まったことをジェスチャーでメリダに伝えると、伝統よりも自分の心に従って生き方を決めることが大事だと、メリダを通してその場にいる全員に語りかけた。

皆が円満解決を祝う宴に向かった隙をついて2人はエリノア王妃の自室に入ると、またしてもエリノア王妃の意識が熊になってしまっただけでなく、そこにファーガス王までやってきて戦い出してしまう。

程なくしてエリノア王妃の意識は戻るが、戦いの中でメリダを傷付けてしまったことに動揺し、部屋から駆け出していく。

城の人間を総動員してエリノア王妃が追いたてられる中、部屋に閉じ込められたメリダは三つ子の協力で脱出に成功すると、彼らと共にアンガスに跨ってタペストリーを修復しながら母の元へと駆けつける。

ストーンサークルで捕獲されていたエリノア王妃は間一髪のところで助かるが、そこにメリダを追ってきたモルデューが現れる。

メリダの危機にエリノア王妃は捕縛を力ずくで解き、モルデューに立ち向かっていく。

戦いの末、モルデューは直立巨石に潰されて息絶え、彼の魂はメリダとエリノア王妃に頭を下げると「鬼火」となって去っていく。

日の出が迫る中、メリダは母の体に修復したタペストリーを掛けるが、彼女が元に戻る様子はない。しかし、メリダが涙を流して母を抱きしめていると、朝日に照らされた母の体は人間に戻っていた。






ひじょうに面白い映画だった。
内容も絵もいい。

メリダは王女としては気質が荒く、お転婆だけど、実に芯があって頼もしい姫だ。
弓の名手で、お上品に刺繍をするような大人しい姫ではない。
そんな彼女の唯一の理解者で味方は父親。
そんな親子関係も好ましい設定だ。

母親と仲が悪いわけではないけど、中々理解し合えない。
母の想いもよく分かる。
決して娘が嫌いなわけではなくて、彼女の将来を危惧しての愛情だということは見ていてよく分かる。

けれど、その母親の想いを理解するにはメリダはまだ心が幼く・・・
何度もぶつかって喧嘩しては、心の行き違いを繰り返すばかり。
なんともティーエンジャーとその母という雰囲気。

そしてとうとうお互い激しく喧嘩をしてしまい、なんと母親が熊に変身してしまう!
この設定がちょっと笑える。
母として、女性として、王妃として完璧な母が凶暴な熊に。
でも理性は辛うじて保てていて、娘を想う心は変わらず。
そんな母とメリダの間にようやく和解と譲り合う心、互いを案じ愛する気持ちを再確認する。

母が熊になったことで、お互いの真の想いに気付く。
災難な出来事だったけど、お互いを理解するには不可欠だったのかもしれない。
このことがなかったら、もしかしたら一生解かり合えなかったかもと思うと悲しい。

母と娘というのは、同性故に時には反発や反感を抱いてしまうもの。
私にも覚えはある。喧嘩とかはないけど。

娘としても母をひとりの女性として見ている証拠なのだろう。
無論、母も同じく。
だからこそ、理想通りにいかない娘の成長にも、理解してくれない母としての想いにも苛立ちや悲しさを感じてしまうのだろう。

そんな母娘が最後には最愛の理解者となる瞬間は素晴らしい。
実に感動だ。
メリダも自分の過ちに気付き、反省し、母の想いを汲み取る。
母もそんな娘の心に理解を示し、労わりを見せる。
いい感動をもらった。

そして、三人の弟たちもひじょうに可愛い!
いたづら好きで、やっぱりお転婆で。
やんちゃ坊主で食いしん坊で。
彼らも可愛らしい熊ちゃんに変身してしまうところはとても愛らしい。
ずっとあのままでもいいのではと思ってしまうくらい可愛いのだ。

この映画は子供ももちろん楽しめるだろうけど、大人でも充分楽しめる。
とても面白かったので、私としてはお勧めな一本だ。






一言お断りを。
実は今、ひじょうに忙しい毎日でして・・・。
コメント頂いた方々にはお返事できなくて大変申し訳ありません。
壱日も休みがない状態でして。
仕事が休みの日には資格取るため、学校に行っています。
勉強も、まあ、しているのでそれだけで精一杯の毎日です。
記事は以前書き貯めていたのを予約で更新しております。
なので、あまり自分のブログを見返す時間もなくて。
コメント頂いた方には申し訳ないですが、お返事はまだしばらくはできないことをどうかご了承ください。
宜しくお願い申し上げます。

皆さまのブログには、時間の合間にお邪魔させて頂いております。
宜しくお願い致します。

        冬灯

スポンサーサイト




テーマ : ディズニー映画    ジャンル : 映画
  1. ディズニー映画~ドリームシアター🎬
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター



.