ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

梅月夜の夢物語り

シャーロックホームズの冒険(洋画)

こんにちは。

今日は洋画の感想記事です。




   シャーロックホームズの冒険 (1970)

     監督:ビリー・ワイルダー
     出演:ロバート・スティーブンス、コリン・ブレークリーほか。
     製作国:アメリカ


〇あらすじ

ジョン・ワトスン医師の死後50年が経過し、遺言に従って銀行に保管されていた未発表の記録が公開された。

19世紀末のロンドン

私立探偵シャーロック・ホームズロシアプリマバレリーナから強引な求婚を受ける。

ホームズは探偵業の助手であるワトスン医師と同性愛の関係にあると偽り求婚から逃れたが、それを知ったワトソンを激怒させてしまう。

この騒動から一息ついた彼らの元に、記憶喪失の女性が運び込まれた。

ホームズの機転により記憶を取り戻した彼女ガブリエルの依頼で、ホームズ達は行方不明の彼女の夫を探し始める。

その彼らの前にホームズの兄マイクロフトが現れ、調査の中止を勧告する。

ホームズは表面上はマイクロフトに従って捜査の中止を受け入れたが、ホームズとガブリエルが夫婦、ワトソンが執事と身分を偽って捜査を続ける。

スコットランドネス湖畔を訪れた彼らはガブリエルの夫の死を知る。

真相を求めてさらに捜査を続け、夕闇深まるネス湖にボートで漕ぎ出した3人の眼前に、伝説の怪物ネッシーが姿を現した。





オリジナルストーリーのホームズ映画。
「ホームズの私生活に深く関わるため発表されなかったエピソードが、ワトスンの死後50年を経て公開された。」という設定。

ロンドンからスコットランドと、古き良きイギリスを再現した映像は秀逸で、ホームズ映画の傑作のひとつとして挙げられる作品。

コミカルさもあり、謎の美女との駆け引きは結構見物。
当時の作品としては秀逸なのではないか。
映像も美しいし、しっかりミステリーだし。

行方不明者を捜すという簡単なお仕事のはずが、やがて兵器開発を巡る国際競争に巻き込まれてゆくホームズの活躍とその後を、相棒であるワトソン医師との二人三脚の調査模様&ユーモラスな掛け合いと共に描き出したワイルダー流「シャーロック・ホームズ」。
ホームズが足を運んだネス湖でネッシーが目撃されるという変わり種でもある。

それなりに楽しめる作品なので、良かったら見てみて下さい^^







一言お断りを。
実は今、ひじょうに忙しい毎日でして・・・。
コメント頂いた方々にはお返事できなくて大変申し訳ありません。
壱日も休みがない状態でして。
仕事が休みの日には資格取るため、学校に行っています。
勉強も、まあ、しているのでそれだけで精一杯の毎日です。
記事は以前書き貯めていたのを予約で更新しております。
なので、あまり自分のブログを見返す時間もなくて。
コメント頂いた方には申し訳ないですが、お返事はまだしばらくはできないことをどうかご了承ください。
宜しくお願い申し上げます。

皆さまのブログには、時間の合間にお邪魔させて頂いております。
宜しくお願い致します。

        冬灯





スポンサーサイト




テーマ : アメリカ映画    ジャンル : 映画
  1. 洋画~異国の映画館🎬
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター



.