ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

梅月夜の夢物語り

トレマーズ(ケビン・ベーコンさんの映画)

こんにちは。

今日はケビン・ベーコンの映画紹介と感想記。




   トレマーズ (1990)

     監督:ロン・アンダーウッド
     出演:ケビン・ベーコン、フレッド・ウォードほか。
     製作国:アメリカ


   moblog_f746e948.jpg


〇あらすじ

ネバダ州の田舎町パーフェクションで便利屋を営むバルとアールは貧乏生活に疲れ果て、隣町ビクスビーに移住しようと考える。

ビクスビーに向かう途中、2人は鉄塔の上で死んでいる町民エドガーを発見する。

遺体を町に運んだ2人は再びビクスビーに向かうが、今度はフレッド老人の遺体と彼の羊たちの食い殺された死体を発見する。

町民たちに危険を知らせた2人はビクスビーに助けを求めに向かうが、ビクスビーへの一本道は土砂崩れで塞がっていた。

町に戻った2人は車のタイヤに蛇のような怪物の触手が絡みついているのを発見する。

一連の事件の原因が怪物だと察知した町民たちは助けを呼ぼうと考え、2人はウォルターから馬を借りて町の外れに住むウォーラス夫妻を迎えに行くが、すでに夫妻はグラボイドに殺されていた。

2人はビクスビーに向かうが、途中でグラボイドに襲われる。

馬を失った2人は逃げ回り、グラボイドは用水路のコンクリートに激突して死亡する。

喜ぶ2人は地震の調査を行っている大学院生ロンダに出くわし、地震の正体がグラボイドだったことを知り、さらに彼女の調査記録からグラボイドが他に3体いることが判明する。

3人は町に戻ろうとするがグラボイドに襲われ、岩の上に避難して一夜を過ごす。

3人はロンダの車に乗り込みグラボイドを振り切り町に戻るが、町にグラボイドが現れウォルターが殺される。

町民たちは屋根の上に避難するが、事情を知らないバート夫妻が襲われる。

しかし、偏執的なプレッパーでガンマニアの夫妻は要塞化した自宅に保管していた大量の銃を使用してグラボイドを倒すことに成功する。

残り2体のグラボイドが家屋を破壊し始め、ネスターが殺される。

車のタイヤをパンクさせられ窮地に陥った町民たちは、ブルドーザーを使用して脱出を図る。

町民たちは山に向かうが、グラボイドが仕掛けた落とし穴にはまりブルドーザーが使用できなくなってしまい、近くの岩の上に避難する。

バルとアールはバートの手製爆弾をおとりに使ってグラボイドに飲み込ませ、体内で爆破させ1体を仕留めることに成功する。

しかし、最後の1体は同じ方法で倒すことはできず、飲み込んだ爆弾を吐き返して来たので失敗。

更に吐き出した爆弾が予備の手製爆弾の上に落ち、多くの爆弾が使用不可能となる。

相手が手強いことを察したバルは決死の特攻を開始。

それに続くアール、ロンダもグラボイドに襲われるが、バルは残った手製爆弾でグラボイドを崖に誘い込む。

しかしこれは「目が見えない」という相手の弱点を突いたバルの作戦。

地中を突進して来たグラボイドを直前で避け、グラボイドは崖下に転落し最期を迎えた。

町民たちは危機の去ったパーフェクションに戻り、バルはロンダとキスを交わす。





怪獣映画といっていいのかな。
怪物自体は結構グロテスク。

砂漠にある住人14人しかいないパーフェクション町にかつてない変死事件が起きる。
その怪事件に巻き込まれることになるバルがケビン・ベーコン。
とても若い。


    moblog_c008bed0.jpgmoblog_f3a54976.jpg


そしてあまり見られない長髪。
勇敢な好青年役。

面白いアイデア満載で、ドキドキ・ハラハラして見れる映画。
結構町民殺されちゃうところが、凄まじいけど。

牛や羊、そして人間を食らうだけではなく発電機まで食ってしまう怪物。
地面に振動を与えたり、音を立てるとたちまち襲われる!
そこで棒高跳びの要領で、長い棒を使って岩から岩へと移動する作戦だ。
これがまた楽しそう。
悠長に怪物の名前を決めようとしたり。

銃を何発も撃てば死んじゃうし、勢い余ってコンクリートの壁にぶつかっても死ぬ。
強いのか弱いのかわかんないけど、楽しみながら怪物退治をしている雰囲気も良い。

B級映画感が満載だけど、展開が堅実で観やすいという印象。
頭脳戦のようなところもあって、わくわくできるし。
主人公2人の会話ややりとりも面白くて好き。

パニック怪獣映画だけど、軽い気分で観れる作品。
割と本格的に見えるところが逆に驚いたり(笑)

コメディタッチな舞台も、荒野っぽいのも良いし、主人公二人のカウボーイスタイルもなかなか格好良い。


    moblog_934dabf5.jpgmoblog_095f4338.jpg


やんちゃな雰囲気もあるケビン。



    moblog_d4965c68.jpgmoblog_20a65946.jpg

最期はお決まりの仲良くなった地質学者のロンダとのキスシーン。
結構2人はお似合いな雰囲気だったので、このまま幸せに暮らして欲しい。

子供も楽しめるし、明るい雰囲気で観られて映像自体もショボくなく、普通に楽しめる。
そんな作品だ。
そして、ケビンの好青年振りも楽しく観れる映画だ。





一言お断りを。
実は今、ひじょうに忙しい毎日でして・・・。
コメント頂いた方々にはお返事できなくて大変申し訳ありません。
壱日も休みがない状態でして。
仕事が休みの日には資格取るため、学校に行っています。
勉強も、まあ、しているのでそれだけで精一杯の毎日です。
記事は以前書き貯めていたのを予約で更新しております。
なので、あまり自分のブログを見返す時間もなくて。
コメント頂いた方には申し訳ないですが、お返事はまだしばらくはできないことをどうかご了承ください。
宜しくお願い申し上げます。

皆さまのブログには、時間の合間にお邪魔させて頂いております。
宜しくお願い致します。

        冬灯
スポンサーサイト




テーマ : アメリカ映画    ジャンル : 映画
  1. ケビン・ベーコン~アメリカの俳優💚💚💚
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター



.