ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

梅月夜の夢物語り

ダーククリスタル(海外アニメ)

こんにちは。

今日は海外のアニメというか、人形劇の感想です。




    ダーククリスタル (2019)

      監督:ルイ・レテリエ
      声:タロン・エジャトン、ヘレナ・ボナル=カーター、マーク・ハミル他
      製作国:イギリス
      シーズン:1


    moblog_485f6751.jpg


〇あらすじ

惑星トラは1000年以上スケクシス族に支配され、7つのクランに分かれたゲルフリン族が彼らに仕えていた。

スケクシス族は長年の間、オーグラに委ねられた"真のクリスタル"から生命力を得て寿命を伸ばしてきたが、これに陰りが見え、クリスタルの汚染から広がる"闇の力"は地上に災厄を広める

クリスタル城の護衛を務めていたリアンは、同僚のミラがスケクシスにエキスを吸い取られて殺されるのを目撃したことでお尋ね者となり、ブレアは幻視と記号の秘密を探し求め、ディートは"聖なる木"の助言で地上に出る。

久しぶりに目覚めたオーグラは、三人にトラを救うためにスケクシスを倒すよう呼びかける。

スケクシスに対する反乱を巡ってゲルフリンの七つのクランの団結は失われる。

三人は"太陽の輪"に隠棲する仲間外れのスケクシスとミスティックに会ってトラの秘密の歴史を学び、ゲルフリンを団結させてスケクシスと戦うよう求められる。

スケクシスは奴隷として仕えてきたゲルフリンを見限り、蜘蛛のごときアラシムを使って倒し、寿命を伸ばすエキスの供給源にしようとする。

だがスケクシスに騙されていたことに気づいたアラシムはゲルフリンとの同盟を選ぶ。

リアンが団結させたゲルフリンの全クランとアラシム、そしてディートが"聖なる木"から得た力の前にスケクシスは敗れて撤退する。

ディートは自分の力を恐れて去り、ブレアはクリスタルの欠片を見つける。

だがスケクシスは忠実で恐るべき兵士ガーシムの創作に成功する。





イギリスで製作されたアメリカ合衆国のダークファンタジー人形劇。
1982年の映画『ダーククリスタル』の前日譚。

絵は綺麗。
人形劇も進化している。
顔の表情はないものの、指とか皴とか、細かい部分まで繊細に作られている。

グロテスクなシーンが意外に多いけど、人形劇のお陰で悍ましさはかなり半減されている。
おまけに悪役であるスケクシスが醜い容姿なのに可愛らしく見える(笑)
かなり陽気で、考え方がちょっと稚拙なところがあるスケクシス。
少し滑稽さもある悪役たちだけど、行っていることは残虐。

映画の存在も知らなかったので、今度観て見よう。
このドラマではラストが中途半端なまま。
スケクシスたちに勝つかと思いきや、最後まで追いつめないリアンたち。
何故?

まあ、映画の存在を知らずに見たから不思議だったのだけど。
映画ではしっかり完結しているのだろうか・・・?

気になったのが、ディート。
目が大きくて、好奇心旺盛な女の子だけど、聖なる木のエネルギーが体に宿ってしまうことにより、自分では制御できないほどの巨大な力を操れるようになってしまう。

終わり方から見て、もしやディートは聖なる木になってしまうのではないかと危惧したけど、どうやらそうではないらしい。
怒りで爆発したその巨大なパワーに畏れを感じて、仲間たちの輪から逃げ出した模様。
そんな風なキャラじゃないように見えたのに、意外に繊細なようだ。

キャラクターたちはそれぞれに性格があるけれど、いかんせん顔の分別が付きづらい(笑)
髪型も似てるし。
声で判断するしかない場面も何度か。
まあ、そこは人形だからご愛敬か(;^_^A








一言お断りを。
実は今、ひじょうに忙しい毎日でして・・・。
コメント頂いた方々にはお返事できなくて大変申し訳ありません。
壱日も休みがない状態でして。
仕事が休みの日には資格取るため、学校に行っています。
勉強も、まあ、しているのでそれだけで精一杯の毎日です。
記事は以前書き貯めていたのを予約で更新しております。
なので、あまり自分のブログを見返す時間もなくて。
コメント頂いた方には申し訳ないですが、お返事はまだしばらくはできないことをどうかご了承ください。
宜しくお願い申し上げます。

皆さまのブログには、時間の合間にお邪魔させて頂いております。
宜しくお願い致します。

        冬灯
スポンサーサイト




テーマ : アニメーション    ジャンル : テレビ・ラジオ
  1. アニメ&漫画~妄想大国👸
  2. / comment:0
  3. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

toka115507270224

Author:toka115507270224
ようこそ!冬灯(とうか)のブログへ。
徒然に徒然なるがままに書き綴っています。主に自作の詩、サザン、役所広司さんやドニー・イェンなどなど。他にも興味があることを気の向くままに語っております。

カテゴリ

アクセスカウンター



.